So-net無料ブログ作成

はよ、終わって [雑感]

あー
ゴールデンウィーク
あと
3日ありますね…
鬱陶しいわ〜

どこの誰が
誰の都合で作ったのかは
知らないですが
まあ
耐えるしかないですね(^◇^;)
うん
日本にいる限り仕方ないです。

連休続きだと
電車の非常停止ボタンもよく押され
電車の中は騒々しい
夜は
酔っ払いが横行し
ウザい!(笑)
ただでさえ治安が悪いのに…

誰が何の目的で
考えたんでしょうかね
10連休
それで令和も五月からになったんでしょうし…
誰かの何かの都合
何でしょうね

まあ
こんな文句を言う人は少数派
何でしょうが(笑)
私が人混みが
病的に無理だからでしょうけど
(笑)

はよ、終わって〜

色々置いておいても
平日の緊張感のある日々が私は
好きですね。
人間暇だと体力が有り余って
やることなくて
とんでもないことをしだすんですよね
nice!(3)  コメント(0) 

 [雑感]

だんだん年をとりますと
残りの人生が短くなり
体力も衰えてくるので
自分が出来ることの範囲というのが
明確になってきます。

人はよく
無限の可能性と言いますが
この言葉の違和感はおいておいても
大人になりますと
そのような妄想を抱いているよりも
今、自分が現実的に何ができるか
何をし得るかの可能性の方が
重要になってくるわけです。

そして生きていく中で
諦め
というのも生まれてきます。

私の場合、幼い頃から病弱で
どれほど病院に通ったかわかりませんし
入院も何回もしてきました。
もちろん
最初は病気を
例えば椎間板ヘルニア、メニエル病など
治そうと色々努力を
ここで言う努力は病院に色々通うことですが
してきましたが
やがて諦めるわけです。
もう、これは持病だと思って付き合っていこうと。

それは不便は不便です
椅子に継続して五分座れない。
立ったり座ったり
忙しないですし
飛行機には乗れない
車も信号ごとにリクライニング…

未だに長くは座れませんし
授業中は立って歩き回る不審人物を
演じております。

でもヘルニアちゃんとの
付き合い方が分かってきまして
逆に普段からケアのために
あまり無理して長く座らないとか
こういう風に痛み出したらこう対処するとか
自分なりの対処法が分かってきました。

メニエル病もそうです。
初めはめまいがしまくって
吐いては入院
道を数歩歩くのもしんどい。
なんだかこのまま死ぬんじゃないかという
くらいのめまい…
授業中倒れたこともありました。

でも、めまいを止めるのではなくて
付き合い方を変えて
めまいを治すのではなく、めまいに慣れる道を
私は選びました。
フィギュアスケートの選手と同じ原理ですね。
意図的にめまいを起こし、それに慣れる
それをずっと繰り返した結果
今はめまい発作が起きても
普通に歩いたり
生活も授業もできます。
治すのは諦めましたが(笑)

こういう付き合い方の変化が
夢との付き合いにもあるんです。
夢を諦めないでと歌った歌手の方がおりますが
私は夢を諦めてます(笑)
諦めて付き合い方を変えたんです。

昔抱いていた夢は
上記の病気の初期のようなもので
夢を叶えたい、遠い遠い夢を
と本気で思っていました。

でも
色々もがいた結果…
これはちょっと無理そうだな
じゃあどうするか
夢との付き合い方というのが分かってくるんです。

私の今
一番の夢は
死ぬ前日まで仕事をしていることです。
プロ家庭教師ではなくてもいいですが。
仮にプロ家庭教師だとしましたら
あ、前日である理由は
授業中死んだら
そのご家庭にご迷惑をおかけするからです。
この夢を叶えるため
私は日々努力をしています。

ああいう授業をしたい、こういう奇跡を起こしたい
そう思って日々戦っていますが
それはもはや夢ではなくなりました。
勿論現実でもないです。

私にとって夢の質
付き合い方が変わってきたんです。

nice!(3)  コメント(4)