So-net無料ブログ作成
検索選択

お疲れモードです [雑感]

生きていると
色々考えられて
幸せです。
考えて考えて
何かがわかった瞬間の喜び
というのは
何にも代え難いです。
1ヶ月休みなく働く疲れか
ブログの記事が思いつきません。
考えて、考えて
分かったことは
今は書けそうにないということです(笑)

日曜日も仕事です [雑感]

今週の日曜日も仕事です
がんばって行ってきます!
天気が微妙な感じです。
曇っててじめじめします。
気温は若干低めです。
行ってきます。

面倒コントロール [雑感]

人間のもっとも偉大な力は何か?
それは希望を見出すチカラです。

どんな状況でも
人は希望を見失わず
人としての尊厳を持って生きる
これはアウシュビッツ証明されたことです。

深刻な状況に
陥ってしまった時
人は誰でも絶望します。
でも、その絶望の中に希望を
見出して人間は生きていくのが得意です。
勿論
敢えて書きますが「短絡的に」
死を選んでしまう人もいるわけですが。

希望を見い出すことが
得意であることからも
わかるように
人は自分の心理状態に
大きく左右されます。
しかし、その心理状態というのは
トレーニングによって
コントロールできるものです。
アンガーコントロールのように。

その中で誰もが
コントロールしなければ
ならないこと。
捨てなければならない考えが
「面倒くさい」という感情です。
これはトレーニングによって
無くさないといけないです。
究極的なことを言えば生きていること自体
面倒なわけですから。

この概念を捨てられるか、否か
それは受験にも大きく影響してきます。

面倒くさいなあ

楽しいなあ
に変換することが大事です。

推理小説みたいな感じです [家庭教師のお仕事]

受験指導ってなかなか思うようにいかないものです。
ノルマを課して
そのノルマをできるまで帰さない。
自宅学習を徹底管理するのが大切だという
塾も最近はあるみたいですが
そんな単純なものでもないんですよね(笑)

生徒の考え方といいますか
問題のアプローチの仕方を
しっかり見て
それを解けるような思考に導かないと
いけません。
しかし、その方法は一人一人違って
生徒独特の考え方が邪魔をしているときもあり
最終的にどうしたら生徒が正解を導ける考えに
至ることができるか
それを突き詰めないと駄目です。

一番必要なのは経験です。
個人個人違うとはいえ、ある程度の類型化というのは
できます。
それが先入観となり邪魔をする場合もあるのですが
まずはその範囲で探すと
答えが見つかることが多いです。

こういう作業が
一番楽しくもあるんです。
推理小説みたいな感じです。

やな悪寒 [雑感]

多分暑い寒いを繰り返しているせいか
昨日
授業中に急に激しい悪寒はするは
下痢はするはで
大変でした。
自律神経の乱れだと思います。

今日は元気です。
不思議です。
頑張ります!

続いてます [雑感]

以前書きましたが
私が野球まで教えている(笑)
野球部の生徒
実はまだ負けてません。
ベスト16です!
凄いです。
完全に私を超えていってます(笑)
次はシード校なので流石にきついかと
思いますが、いい思い出になると思うので
精一杯頑張ってきて欲しいです。

若い頃の思い出とか達成したもの
というのは
本当に大切です。
人生の宝物です。
私もその宝物に何度助けられたか
わかりません。
ですから、そういう体験をして欲しいです。
入試で奇蹟の合格であれ
野球で活躍するのであれ
何でもいいのですが
努力は報われるという成功体験が
若いうちは大切です。

そのために私が存在すると言っても
過言ではありません。

残念なこと [雑感]

受験勉強は全ての基礎になります。
様々なもの応用可能です。

ただ
私が生きてきた中で
残念な2パターンというのがあります。

私は俗に言う進学校にいましたが
そこにいる学生の実生活や運動における
物理や化学、数学の使えなさに愕然として
生きてきました。
受験で出された問題は解ける
それなのにそれを普通の生活に使えない
そういう発想すらないのは非常に残念なことです。

逆もあります。
受験勉強なんて社会の役に立たない

できないこと、やりたくないこと
を正当化するために切って捨てるタイプ。
これも残念です。
社会を狭く見過ぎです。
自分の会社での仕事に受験勉強なんて
全く使わない
という話をよく聞きますが
それは使えてないだけか
知らなくて気付いてないだけです。

このような残念な2パターンがありますが
一番残念なのは受験不要論です。
全部推薦で決める
受験なくす
これは知の放棄と言っても
過言ではないです。
大抵受験不要論を言う人は
自分が受験勉強をしっかりできなかった
人なんですが
考えるための基礎ツールを真剣に
インストールする機会を奪うのはやめて欲しいです。

ひと夏の楽しみ [雑感]

毎年 夏に
扇子を変えるのが
習慣になってます。
でも
今年は忙しくて
扇子屋さんに行けてません。

ネットで買うこともできますが
実際に扇げないですし
好きな色合いというのも
あります。

うーむ
どうしようか考え中です。
一年に一回くらい
センスを変えて
心機一転したいんです。

頑張る宣言 [雑感]

今日は日曜日ですが
1日びっしりと授業があります。
7月30日のお休み
そして
その後のお休みは
確か9月3日です
受験まで朝から晩まで授業が
続きますが
自分自身に負けないように
頑張ります!

ここで宣言しておけば
サボらないでしょうし(笑)

プチ掃除 [雑感]

私は結構なお掃除好きかも
知れません。
毎日忙しくて時間はないですが
家を出る前に必ず部屋全体の掃除機は
かけます。

まあ
汚いところより
綺麗なところの方が
頭も働きますし
気分もいいです。

でも決して潔癖症では
ないです。

ただ使うものに愛着を
感じるといいますか…
自転車ももう27年使ってますし
全てが全てではないですが
もの持ちはいい方だと思います。

…と言っても
結構捨てるものはばっさり捨てるんですけど…
お前、どっちやねん
と自分でもツッコミたくなりますが
本とか読んだらバシバシ捨てますし
普通の人より物を持ちたくないタイプなのかも知れません。
自分で自分のことがよくわかりません。
人より継続力はあると思いますが

そんな私が掃除を好きな理由というのは
変態チックかも知れませんが
道具に対して
いつもありがとう、と撫で撫でしてあげたくなるんです。
床はいつも0.1tの私を支えて大変だなあ
綺麗にしてあげなきゃなあ
とか
そういう異常かもしれない感情です(笑)

まあ
かといって主婦の方が考えるレベルから
すると
掃除とも呼べないレベルことかも知れません(笑)
ちょっとした隙間時間や
汚れに気付いた時に
ササッっと5分10分で
こまめにやっているだけです。
大掃除はしないんです、プチ掃除なんです(笑)

例えば
昨日は家出る準備をするのが
10分くらい早く済んだので
(私は何でも早くやる病なんです。
それを拗らせて高校2年では数学物理化学は
普通に論文を読むのに困らない素養はありました。
かと言って何でもせっかちかと言うと
全然真逆だったりもします。
不思議な男です。)
玄関の床のごみ取り、雑巾掛け
その近辺の棚の拭き掃除
ついでに雑巾を洗う時に洗面所も
綺麗にして家を出て来ました。

ちょっと気付いた時に
隙間時間にプチ掃除なんです。
私の場合、早め早めなので
結局毎日隙間時間ができて
色々なところを
ありがとう、ありがとう言いながら
プチ掃除することになるのですが(笑)

今年度の募集は終了しております。 [指導を希望される皆さまへ]

ここ2日で6件ほど
コメント欄にてお問い合わせが
ございましたが
今年度の募集は既に終了しております。

また
夏期講習中で
7月末に1日
その後は9月最初に1日しか
お休みがないため
個別で引き受けられない理由等
対応することは出来ません。

何かの理由で生徒の空きが出た場合のみ
新規募集になりますが
1人仮にいなくなっても
今の受験生で授業を増やすなどして
対応する可能性が高く
よっぽどのことがなければ新規募集は致しません。

あと
予約制度というのも
ございません。
詳しくは関連記事を参照頂ければ
と思います。

あと
質問を頂きましたが
大体例年25人くらい募集があり
3人お引き受けするというのが
ここ2年くらいの傾向です。

御丁寧にコメントを書いて頂き
大変申し訳ありませんが
御理解頂ければ幸いです。

スッキリ [雑感]

スピール膏を貼って張り替えて
合計4日
昨晩
結構根が深かった魚の目が
指でコロッと落ちました。

本当にコロッとという感じで
足に小指の腹にぽっかり深い穴が空きました。
こんなに気持ちよく
コロッと外れるんですね(笑)
意外でしたが、気持ちが良かったです。
多分綺麗に全部取れてると
思います。スッキリです。
歩くのに痛かった魚の目ともサヨナラです。

それにしても
こんな硬い仁丹
ああ[たらーっ(汗)]仁丹はわかりにくいですかね
世代的に(笑)
うーんBB弾みたいなものが
足に埋まっていたとは…

何だか訳がわかりませんが
心のつかえも取れた気がします。

学ぶということ [雑感]

人間は学ぶ生き物です。
学習が一番大切です。
人生は学習のために
続いているような気さえします。

死ぬ瞬間に
全ての学習の集大成が
なんであったかわかると思います。

物事を多面的にみるために
様々な学習をした方がいいです。

私もこの仕事で学習をしましたが
受験勉強というのは様々な学習の基礎となります。
人生で学ばなければならないことたくさんあります。
社会人になってから、ある仕事につけば
その仕事について学ばなければならないですし
とらなければいけない資格もあると思います。
スポーツをやっていてもそうです。
スポーツでも物理学や栄養学、医学を
学ばなければいけませんし
そのスポーツ自体についても学ばなければ
なりません。

逆にこれらを体験することで
学ぶこともあるでしょう。

人間が学ぶ仕組みというものは
どんな分野のものであれ
根本的に同じものがあります。
たくさんのものを学んだ経験のある方は
自分なりに
学ぶコツというのがわかってきていて
次々に新しいことを学んでいくことができると思います。

よく受験は社会に役に立たない。
社会に役に立つような実学を学ばせるべきだと
いう意見がありますが
それは大きな間違えです。
受験は学び方を学ぶ最良の機会なんです。

キャッチボール [雑感]

以前にも書きましたが
野球部の生徒がおりまして
最近野球の指導もやっておりましたが(笑)
もうすぐ夏の大会で
それで負けたところで野球は終わり
本格的な受験への授業が始まります。

私も野球を中高と六年間やっていたので
わかりますが
野球が終わるというのは寂しいもんなんです。
高校野球って本当に楽しいです。
練習は異様に長くて反復練習ばかりで大変ですが
練習は嘘をつきませんし
何よりもバッターとバッテリーの駆け引き
知恵比べが最高に楽しいです。
全てを読みきって
打ち取ったり、打ったりすると
野球の技術以外の全てで勝った気がします(笑)
運動技能や元々の体力がなくても
工夫次第で何とかなるのが
高校野球のいいところでもあります。
本当に楽しかったです。

5月くらいから生徒にバッティングの指導を
し始めたんですが
もう少し早く始めておけば
もっと生徒と野球も楽しめたんですが
なーんて
そんな指導をしたら矩をこえた
おかしすぎるプロ家庭教師ですよね。
でも、生徒もこの2ヶ月で
生徒のバッティングは劇的に良くなりましたし
もっと早く教えておけば良かったと思うのは
偽らざる気持ちです。

先日
バッティングが結構仕上がってきたので
ボールを投げる時の回転を見るために
キャッチボールをしました。
23年ぶりです(笑)
何がビックリしたかと言いますと
夜だったせいもあるかもしれませんが
視力の低下でボールがあまり見えないのと
肩も硬ければ、指も前回の練習から痛く
ボールが重くて思った半分くらいの距離しか
飛ばないということです[がく~(落胆した顔)]
簡単に言うと老化です(笑)
自分の老化にビックリしました。
浦島太郎ってこんな感じだったんですかね(笑)

でも、それなりに段々慣れてきましたし
取るのは大丈夫です。ただ
回転が夜であまり見えず
ただキャッチボールになった気がしないでも
ないですが[たらーっ(汗)]

でも改めて思ったのは
キャッチボールっていいですよね。
心が通じ合うというか
小さい頃父親にキャッチボールをしてもらったり
友達とキャッチボールをしたり
キャッチボールだけで話さなくても
伝わってくる思いというのがあります。
世界中でキャッチボールをしたら
平和になるんじゃないかと思うくらいです。
ブッシュと小泉さんもやってましたよね。

人生もキャッチボールみたいなところがあります。
誰かから受け取り
誰かに投げる
その繰り返しです。
私の授業もそんな感じです。
キャッチボールをしていて
しみじみそう思いました。

野球の大会頑張って欲しいです!
青春っていいですね[ぴかぴか(新しい)]

追伸
革靴なので地面にすらないように
気をつけていたんですが
しゃがんだり、咄嗟に反応したりしてましたら
ズボンが切れるように破け
ダメになってしまいました。

前に進むしかないです [雑感]

私の仕事
とにかく前に進むしかないです。

私は限られた人生の中で
できるだけたくさんの生徒を
教えたい
というのが本音です。
色々な人と出会いたいです。

でも、それと相反することかも知れませんが
一度引き受けたからには
責任を持って、生徒の夢が叶うまで
面倒を見たいです。
勿論諸事情によって叶わない場合もあるわけですが

そのために
私が唯一、最大にできることは
生徒を合格させることなんです。
今年度も20件くらいは募集で
指導をお断りしました。
身体がたくさんあったら
全部引き受けたいんですが
そうも行きません。
そんな中
生徒を落として翌年もみるように
なると更に新規の方を
お断りしなければなりません。
怖い話ですが、全員落ちたら
最悪新規募集ゼロもあるんです。

…なんだか
書いているだで
ゾッとしてきました。

そうなりたくないです!
絶対に。
そのためには
第一志望に生徒を合格させるしか
ないんです!!

とは
言っても
相手は人間なので
なかなか思うようにいきません。
それが辛いところでもあり
面白いところでもあり

矛盾に満ちたものですね、人生は。

とにかく私は前に向かって
走り続けるしかないんです[パンチ]

眠りたいと思います [雑感]

朝からテスト対策に行ってまいりました。
まあ
暑い暑い
外を歩いているとボイル焼きになりそうな
気さえします。
いい感じに焼けてきたかな
なんて思ってしまいます。

テスト対策
大変でしたが
なんとか恰好が付く形で送り出せたと思います。
後は生徒が復習をして
しっかり本番で再現してくれれば…
という感じです。
どうしても直前に詰めるというのは
付け焼き刃感は否めませんが。
出来る限りのことをしっかりやるしかないです。
本当は普段からしっかりやってれば
こんなことにはならないんですが…

受験と違って準備期間が短いので
無理矢理感が強いので
何だかつらいです。

来週も再来週も日曜日も仕事があります。
もう
今度いつ休みだとか考えない方がいいですよね。
毎日
感謝をして
全力を出し切る
本当に無理になったら休む
乗り切ろうとかそんなことを考えずに
ただただ無心で走り続ければ
結構早く時は流れるものです。

暑さで
体中がほってっているので
シャワーを浴びてエアコンの効いてる部屋で
お昼寝でもしようと思います。
極楽です(笑)

おやすみなさい

魚の目が痛いです [雑感]

今日は書く内容がないです(笑)
今、移動の途中です。
汗がたくさん出てきます。

ああ
そうだ
歩きすぎで足の小指に
魚の目ができて
そろそろ痛んできたので
どこか薬局でサリチル酸を買わない…

足にできるタコと魚の目って
全く同じものです。
魚介類ですから(笑)
なーんていうのは冗談ですが
同じ種類なのは本当です。
骨が近い硬い面ですと横に広がるしかなく
タコになり
皮膚の柔らかいところだと
縦に広がり魚の目になります。

植物の成長点みたいな所が
魚の目の芯で
それが取れないと
また再発します。
まあ基本的に外部の刺激で
防御反応として魚の目やタコは成長するので
その刺激の原因を取り除かないといけないんですが
私の場合
たくさん歩くのは仕方ないので諦めます(笑)

しばらく休みがありません [雑感]

これからしばらく休みがないんです。
テスト対策やら色々授業が入りまして…

ブログの記事内容も
忙しくて単調なものになると思います。
何も思いつかない時
書く内容と言えば……

暑い!!
これに限ります。
皆さんから間違いなく
共感が得られますしね(笑)
私の暑がりはガリガリに痩せてた
頃からのものなので
もうどうしようもないです。
地球温暖化で最初に死ぬ人類は
私かも知れません(笑)

…かといって
エアコンを効かせすぎると
100%夏風邪をひきます。
ですから夜も2時間タイマー28度で
寝ています。
汗ビショビショで夜中に起きますが
その時は麦茶を飲んで
着替えて寝ます。
夏風邪だけは引きたくないんです。
以前、このブログで夏風邪を
3年連続でひいた話を書きましたが
このタイマー2時間28度
作戦にしてから風邪をひいてないです[手(チョキ)]

さあ、勝負の夏です!
倒れないように自分をコントロール
しながら頑張ります[パンチ]

行ってきます [雑感]

今年は急に暑くなりましたよね。
そのせいで
色々と具合が悪くなったのかも
知れません。
でも、もう大丈夫です!
暑さは…だいじょばないですが。
色々具合が悪かったのは直りました。

今日も1日いい授業をしてきます!!

熱中症に気を付けてください [雑感]

なんだか
昨日は台風が近かったのか…
なんだか
わかりませんが
蒸して蒸して気持ち悪く
汗がビショビショ流れ
もう止まらない感じでしたが
エアコンのついていないご家庭で
二時間授業をしたら
その終わりころに
おかしなめまいと、手に痺れがきて
立っているのが辛い状況になりました。
早めにエアコンをつけるか
扇風機でも借りれば良かったですが…
何とか
次のお宅に移動をしましたが…
辛かったです。
水をたくさん飲んだりして
そのお宅についてしばらくしたら治りましたが…

これは熱中症になりかかったのか
疲労なのかわかりませんが…
ピンチでした。

暑くて湿度が高い
汗っかきの私は尚更
熱中症に気をつけたいです。

熱中症の多くは室内で起こります。
読者の皆さんもお気をつけください。

色々やって来ます [雑感]

今日は台風がやって来ますね。
関東地方にも夜遅くには来そうです。
あまり強くはないですし
足早に抜けていきそうですが
前線が刺激されて大雨可能性もありますので
注意は必要ですね。

それにしても
よく言えば四季折々みたいな
感じですが
まあ日本は自然災害がよく来ますね。
私達の祖先は
よくもまあこんな土地に住んだものです(笑)
水が豊富で綺麗だというのは
大きな利点ですが。

今日も1日
頑張ります!!

疲れますが頑張ります [雑感]

私の場合
疲労が溜まってくると
耳鳴りがし出して
めまいがしてきます。

かなり慣れたとは口では言ってますが
実際は結構
今でも辛いです。

これから暑い夏
かなりの疲労を背負って戦わないと
いけないでしょうね。
今も湿度が高く
移動の度に尋常じゃない汗が出ます。
それを1日に何度も繰り返していると
流石に具合が悪くなってきます。

でも
生徒ももっと頑張って勉強しているので
負けるわけにはいかないです。

頑張ります!

良心とは [雑感]

人間の脳は言い訳を考える天才です。
超サボり屋です。

サボって何もやら無くして
自己を正当化する
自分を納得させる言い訳を常に
考えています。

だから
自己満足度の高い
自分が納得する人生
幸福な人生
なんて
簡単におくれます。
全ては正常であれば脳が
正当化してくれるからです。

本当は自分がなすべきこと
本当は自分がやりたいこと
それができないというのは
identityの根幹に関わる悩みですので
それは脳にとっては
一番の不都合なんです。
脳が提示するのは
その瞬間の脳にとっての快楽です。
その快楽の為ならどんなシナリオでも描いて
見せます。

でも
理性ある人間ならば
そこでちょっと
待てよ、と
もう一人の自分が言う訳です。
本当に
この脳が書いた満足スクリプト
正しいのかなって?
単なる自己正当化をして
本当は楽をしたいだけではないのかな?
って

自分自身を直視しないと駄目です。
一体自分脳は何をしでかそうとしているのか?
それを見ないと駄目です。

そのためには自分を客観視する能力が必要です。
その能力が磨かれているかいないかが
大人と子供の大きな違いです。
大人と子供は年齢で区分されるような
ものでもないです。
肉体的な成長で考えている面が大きいのでしょうが。

自分を客観視して
自分のやろうとしていることは
脳が考えたその場しのぎの
自己満スクリプトじゃないか?
そんなものに流されていいのか?

実はこう問いかける存在こそが
良心というものです。

いいことをやる心が良心なのではありません。
いいことをやっている動機が
脳の考えた自己満スクリプトならば
それは良心などではないんです。

子供には早く良心を持って欲しいです。
良心は当然後天的なものです。
良心を育てることが
教育の本質です。
知識はひけらかすものではなく
自分以外の誰かの見方を知る材料です。

相手の立場
逆の立場、様々な立場で
ものを考えられるのか否かが
良心を持っているか
持っていないかです。
この過程に自己満スクリプトの
介在する余地何てないです。
自己満スクリプトさえ客観視される
からです。

それが
これからの時代
人間が人間たる理由を問われる時代に
最も重要なものになると私は思います。

それが
私が教育に携わっている本当の理由だと
良心を持って断言できます。


土曜日は [雑感]

土曜日は何だか
一番疲れが溜まってることが
多いです。
特に足が痛いです。
至る所
筋肉痛やら
関節やら
足の裏や

移動でダッシュしなければ
ならないことも多いですし…

頑張ります、はい。

日本代表 [雑感]

2020年ですよね。
東京オリンピック。
正直言って私はそんな興味はないです。
何だか騒がしくて嫌だなあ
とすら思います。
でも以前の東京オリンピックは戦後復興を
アピールするために
日本代表の選手はとてつもないプレッシャーで
戦っていたんでしょうね。

先日
武蔵小杉駅を乗り換えのために
長い距離を歩いていましたら
突然後ろから肩を叩かれ
「中目黒行きたい」
と言われました。
20歳前後の中国人の方です。
思わず「じゃあ、行けば?」と
反射的に言いそうになりましたが(笑)

この瞬間
私の中で
「カチッ」とスイッチが入り
私は日本代表になったんです!
この中国の方はきっと本国に帰ったら
日本で道を聞いたら親切にされたとか
されないとか
話をすると思います。
そうすると、そこで彼女の周りの人の
日本人に対するイメージを
私が決めてしまうんです。
まさに日本代表です。
オリンピックで外国人が沢山来たら
まさしく皆が日本代表になるんです。

色々
乗り換えが複雑で
乗る電車も間違えないように
私は授業で急いではいましたが
ホームまで連れて行ってあげることにしました。

ipadで電車の時間を調べて
「一緒に行くのでついて来てください」
と言いました。
そしたら彼女は
「わかた、OK」と言いました。
辿々しい日本語なので英語で話した方がいいかと
思いましたが
リスニングは出来てるみたいなので
そのまま日本語で喋りました。

あ!
乗り換えで切符を持ってるのかな?

思ったので、聞いてみましたら
右ポッケから、自慢気に
「スイカあるよ!」とニコニコしながら
言ってきました。思わず吹き出しそうになりましたが
私は日本代表、日本代表なんです。
紳士的に彼女を電車まで届けなければと
思って、何とか笑うのを我慢しました。

そして乗り換えの方へ向かったのですが
私は基本的に歩くのが速い方なので
彼女が付いて来やすいように
少しゆっくりめに歩いていたら
後から「急げ」
と彼女に
言われました。
まぁまあまあ
日本語が苦手なんですし…
豊田真由子議員に比べればマシです(笑)
iPadで乗る電車の時間を調べたので
急いでも仕方がないのですが…
ここは日本代表!
彼女の御所望通り、急いでホームに向かいました。

その途中で
彼女は当然
漢字は読めるのでしょうから
色々世の中にある漢字を
読み上げていました。
そんな中
駅の柱に貼ってある路線表で
中目黒を見つけたのか
急にそちらへ走り出し
私を手招きするのです。
「これ中目黒、ここ、特急止まる」
とニコニコしながら言うのですが
そんなことは、わかっているので
黙ってついてきてくれれば良いのですが…
いやいやいや私は日本代表でした。
大袈裟なリアクションで返答しました。

とりあえず話をしながらホームに着いて
乗る電車を教えましたら
結構、普通の日本語で私に話しかけてくるのです[がく~(落胆した顔)]
聞いていないことまで話してきます。
「日本に来たの初めて」
「中目黒で友達に会う。爆買いじゃないよ」
????
爆買い何て知ってるんですね。
結構日本語を喋れるなら
さっきの
「中目黒行きたい」
とか
「急げ」と言うのは…
まあまあまあ
私は日本代表です。

後は乗る電車を教えて
私は反対方向のホームへと歩いて行きました。
これで立派に代表の仕事をこなしたでしょうか?
銅メダルくらいですかね(笑)

挫折感 [雑感]

私の仕事は
まあ
皆さんのたいていの仕事もそうかもしれませんが
挫折挫折の連続です。

毎日
色々授業のプランを考えながら生きていて
なかなかその通りになったことはありません。

今日こそは進むぞ~
と意気込んでも
その通り進まず
挫折感を味わうことが良くあるんです。

挫折感?
という言葉に違和感を感じる方も
折られるかもしれませんが
私の場合
正に
挫折感なんです。

人生は思い通りにいかないです。
自分がしっかりやっていても
他の人の影響によってうまくいかないこともあります。
それを挫折だと感じていちいち
落胆していたら
この複雑怪奇な現代社会では生きていけません。

それは分かっています。
分かっていて感じるからこそ
挫折感
なんです。

まくら [雑感]

ここ2ヶ月くらい
超入門落語the movieという
NHKの番組を録画して見て
すっかり古典落語にはまって
しまいました。
椎間板ヘルニアで長時間座ってられませんので
実際に落語は見に行けないのが残念ですが
落語って面白いですね。
昔は全然面白さが分からなかったのですが
親父ギャグを笑える世代になってから
面白くなってきました(笑)

私の授業との共通点もあります。

私も落語のまくら同じく
授業の最初の話というのを
いつも移動の時のイメトレで考えています。
テスト対策等
忙しい時は勿論そんな話はしてられないのですが。
授業で話すまくらは
生徒がリラックス出来たり
興味を引いてくれたり
和ませたり
するために
生徒の表情を見ながら 生徒の興味に
合わせて
決めていますが
勿論
これはウケるぞ〜と思って
渾身のネタをお話ししても
シーンと
思いっきり滑る時があります[がく~(落胆した顔)]
もう
こういう時はどうやって授業につなげて
いいのか、お先真っ暗になるんです。
お後がよろしいようで

梅雨は汗との戦いです [雑感]

梅雨で湿度が高いですね。
私は暑さよりも湿度に反応して
汗が止まらなくなるんです。
ですから
汗をかいていても
暑いわけでもなく
ダラダラ汗をかくんです。
そういう時は扇風機をガンガンあてるしか
ないんです。
エアコンで冷やしても寒さが異様に増すだけで
汗はなかなか引かないです。

梅雨って結構長いですよね。
あと1ヶ月くらい
汗との戦いです( ̄◇ ̄;)

AI難民 [受験]

昨日NHKスペシャルでAI(人工知能)の特集をやっていました。
以前ブログで書いたと思いますが
AIを人間と同じように学習をさせるという
画期的な発想の転換によって、AIは
人間を凌駕していく存在だと進化していくことが
決定付けられたように思います。
なぜなら人間の特徴、長所というのは
学習することにあるからです。
当初は
コンピューターというのはプログラミング通りに
しか動けないものなので
どこまでいってもコンピューターは
人間を超えることができないと思われていました。
ところがコンピューターに学習させるという
新たな発想が生まれ
その発想が人間をコンピュータの前に
膝まづかせざるを得ない
未来を描き始めたのです。
もうこれはそんなに遠くない未来かもしれません。

将棋でいうと
まずコンピューターに
何万局もの棋譜を覚えさせます。
それをコンピュータ自身に解析させて
学習させます。
その後はAI同士で何百万局と
対局をさせ、学習させます。
これによっていわばコンピュータではなく
人間の超進化版というのができるわけです
数千年数万年先の将棋です。
人類がまだ気づいていない
将棋の世界をAIを見せてくれるのです。
ですからもうAIに将棋で人間が勝つことができません。
チェス囲碁も勝てなくなりました。
来年以降もう対戦はなくなりました。

これと同じようなことが
あらゆる仕事の分野でこれから起こってくると思います。

株式の世界では
過去の値動きと結果を学習させた AI によって
実際に超高速の売買が行われています。
優れたAIを生み出した方が
このマネーゲームで勝者になれるのです。
一般の人間が勘と経験で株をやっても
損しかしない時代になってくるでしょう。
人間は締め出されるものです。

昨日の番組ではタクシーに AIを搭載させて
お客さんが集まりそうなところに行くことや
社員にアンケートをさせて、その書いた言葉から
退社しそうな職員を推測するというのも
やっていました。
AIを利用するか利用しないかの差が
これからの未来において
貧富の差や諸々の差を生み出すように
なることはほぼ確実です。

医療の診察もAIに任せることになるでしょう。
そして治療法や薬の処方も自動的にAIがやるように
なるでしょう。 1人の医師が数百年数千年かけても
診察できないくらいの経験をデータにして
AIは冷静かつ正確な診察を下すのです。
人間の診察が勝てるわけがありません。

政治の政策立案、法案作成も
AIがするようになります。
過去に起きた歴史の全てを
AIに学習させることによって
1人の人間では思いつかないような
いや何億人の人間が集まっても思いつかないような
政策を作ることができるのです。
今地球に人間が人口過多で存在するのが
1番の問題です。人口半分まで減らしなさいと
AIに言われるかもしれません。

受験に関してもそういうことが起きるかもしれません。
あらゆる人間の職業、特に知能を必要とする仕事は
AIに取って代わられるかもしれません。

ただここで気をつけておかなければ
いけないことがあります。

AIを使ったAI詐欺と言うのが生まれるでしょう。
実際はAIを搭載していないのに
搭載しているかのように謳う商品
または
株で絶対に勝てる方法をお教えします。
弊社のAIの推奨する銘柄だけを買えば儲かります。
なんていう詐欺。
実際はAIなんか使ってないわけですが(笑)
こうした詐欺は AIが社会に認知されると共に
広がっていくでしょう。
でもさらに時代が進むと
AIによってその商品やサービスが詐欺かどうか
一瞬で見抜けるようになってしまうのですが。
それに負けないように詐欺師側もAIを
駆使した方法を考えてくるでしょう。
どうしたら人間は騙されやすいか
AIに聞いてみればいいわけです。
でもこの時点でもAI対AIの戦いが始まっており
人間は完全に締め出されてしまっているわけですが。

AIが人間にとって気持ち悪い点は
AIはその解析結果の根拠を示してくれないということです。
理由がわよくわからないけれどもAIの言う通りに
やればうまくいくということなのです。
完全に人間からは見えないブラックボックスの中で
全てが決定されてしまうのです。
将棋の AIを作成された方が
プログラムは自分がしたが
もはやAI自身がどのように強くなっていくのか
というのは全くわからないと言ってました。

犯罪で再犯のしやすい人や
会社で役にたつ人、クビにする人といった
評価を既に
AI に任せている国や企業もあります。
人間にはよくわからない理由で
AIは判断し、結果だけを教えてくれるのです。
なぜこの社員をクビにしなきゃいけないのか
人間にはわからないのです。

人間は黙ってAIの言うことを聞いておけ
説明するには数万年時間がかかる。
私たち人間が何かを判断する時代はもう
終わりに近づいているのかもしれません。

AIは確かにミスをしたり暴走することがあるかもしれません。
でもそれは人間がやってきたよりもずっと少ない頻度なのです。
車は自動運転の方が安全な日が100%やってきます。
AIから見たら人間はミスだらけなんです。

AIから完全に私達は無視されるのです。

このAIを社会にどれだけ取り入れるかも
私たち人間の判断によるのですが
もうAIの進化を止めることができません。
そしてAIは私たちの知らない方法によって
自分たちが社会にいかに有用かを
証明してしまうでしょう。

人間は考える葦である。

考えることのできない
許されない人間は一体どこに行けば
いいのでしょうか?

その答えもAIが一瞬で出してくれるでしょう。



paperlessなんです [雑感]

今日はいろいろと
生徒の大まかな予定と進み具合を
考えて
どうやったら効率よく進むか
具体的に考えていました。

今でもまだ頭が熱いです。
考えすぎて。

いろいろ思ったようには進みません。
授業で思うように進まなかったり
生徒の体調が悪かったり
急にお休みが増えたり

頭の中で考えた指導プラン通りには
なかなか進まないです。
まあ
いつものことと言えばいつものことですが

昔は計画表も紙に書いていました
生徒ごとに
丁寧に。
でもそれは辞めました。

思い通りにいかず修正だらけで
修正のために心を病んだりとか
予定表から遅れたら
生徒も私もそれを取り戻そうとして
無理をするじゃないですか
そういう無理して急いで詰めた部分というのは
100%に近い確率で身になっていません。
それなのに計画表があると
計画通りこなした感や
やったんだからできるんじゃないか感だけが
過剰に生まれ生徒の現状把握を
私も生徒自身も誤ります。

講義形式でやる授業ならシラバスが必要ですが
私の場合
いろいろ道を探りながら
その生徒なりの合格というゴールを探さないと
いけないため
固定した予定表は邪魔でしかないです。
生徒から学校や授業について
思わぬ質問をされた時
ごめん、授業が遅れるから聞かないで
とは言えません(笑)
それだけでも結構
紙に書いてしまったら予定が狂って修正修正
となります。
修正もあるレベルまではききますが
多くなると
根本的に全てを組み替えないといけなくなります。
そういう時に必要なのは
柔軟な発想力です。
全く違う方法を思いつかない限り受験なんて間に合いません。
そんな時に紙に書いてある予定があると
あれもやらなきゃいけない
これもやらないといけない
私の考え方を縛ってください。

もう16年以上プロ家庭教師やってますので
さすがに受験までの流れは頭に入ってます。
紙に書かなくても。

しかし1番怖いのは
経験があるからこそ生まれる先入観でもあるわけです。

こうやって予定を立てている間もいろいろなことを考えて
頭が熱くなるんです(笑)