So-net無料ブログ作成

プロの世界と生徒に望むこと [家庭教師のお仕事]

プロ家庭教師とは何か?
色々な定義が考えられると
思いますが
私は第一に結果を残すことだと
思います。
結果というのは
第一志望に合格すること
生徒の夢を叶えることです。
これができなくなったら
自ら廃業します。
生徒や親御さんからは
私の能力ならそれでも生徒は
集まるし
安泰じゃないかと
言われることもありますが
その考え方は嫌いです。
プロではないと思います。

私はプロ家庭教師という
仕事が大好きです。
つらいこともありますが
大半が楽しいです。
ですから
できる限りこの仕事を続けたいです。

でも
続けたい
だけでは続けられないのが
プロの仕事なんです。
結果を残さないの来年の仕事はないです。
どんなプロでもそうだと思いますが。

私は自分の人生の時間をかけて
この仕事をしているんです。

来年になったら新規の募集をしますが
募集される
最低条件として
覚悟を持って欲しいです。
努力する覚悟、戦う覚悟です。
それがあれば
現在の実力がどうであれ
志望校のレベルがどうであれ
お引き受けします。

ときどきいるんです。
高3生とか浪人生で
私と長いつきあいになりますね
とか
二年計画、長期計画でやることを
希望される方が
「のんびりやってくださっていいんですよ」
みたいなことを
親切心からなんでしょうが
おっしゃってくださるかたが

こういうのは洒落になりません!!!
私は毎年第一志望合格率を
100%にするために身を削って
戦っているわけです。
生徒も親御さんも同じような
覚悟、目標を持って戦って頂けなければ
夢なんて叶うものではありません。

どんな学力でも
成績でもいいですが
最低限
やる気と覚悟は持っていて欲しいです。
私には生徒をやる気にさせる力は一切ありません。
論理的に説得して勉強をやらせることもできません。
勉強は好きな人がやるもので
強制させる合理的理由なんてないからです。