So-net無料ブログ作成
検索選択

咳が始まってしまいました [雑感]

昨日11月29日
いい肉の日に
私の咳の発作が始まってしまいました…

ついに来ました。
来なくていいのに

飴の季節が

…が
とりあえず
今はまだ時々しか出ません。
もしかしたら
風邪かもしれませんし…

言っても
夜中じゅう起きていて
仕事ができるということは
風邪ではないように思いますし…
風邪は
本人が風邪だと言ったら風邪なんです(笑)
これは真面目な話ですけど。
風邪に明確な判断基準はありません。

咳がまだひどくはないので
このくらいで
このままいってくれることを願っています。
まあ…厳しいでしょうけど…

囚われの私達 [雑感]

まさに現代科学の最先端をいく
理論物理学を研究している私が言うのも
なんですが…
現代人はなんでも理由がある、理屈があると
思いがちです。
因果関係の虜です。
理由がないと不安にさえなります。
ですから理由を知りたい人が多いんです。
そして私たちは
理屈や理由がある程度成り立つ
論理の社会を作ってきました。
法律であったり一部の科学であったり
数学であったり
論理的にものを考えられる仮想の枠組み、世界を
自分たちで作り上げ
そこで論理を駆使し悦に入っているわけです。
論理という檻のなかに私たちは
意識的にそして今や無意識に
入ってしまっているんです。
教育もそのような教育がなされてきているため
別に科学に携わってない人でも
法律や数学に携わってない人でも
子供でも
人は理由を知りたがるわけです。

でも実際の世の中の総体は
理屈や理由なんてわからないことの方が
多いです。
このわからないというのは
私達の科学や文化が遅れているからわからないのでは
なくて
原理的にわからないのです。

科学で扱う自然現象なんて
まさにわからないのオンパレードです。
私は宇宙の始まりという比較的単純な
わかりそうな内容を研究テーマにしているから
いいですが
そもそもわからないものを研究テーマにすると
その解決は見込めません。
勿論、趣味なので解決策探しだけを求めてやっている
わけでない
という人も多いです。
それはそれでいいと私は思います。
否定する気持ちは毛頭ありません。
いや、むしろ大いに肯定しています。

人は死んだらどうなるか?
私はこれは考えて解決策がだせない
無駄なことだと思います。
死んだら考えられないですし。
でも
死んだらどうなるかを
考えることで
死に対する恐怖が和らいだり
様々な副産物があるんです。

そういうものを無駄だと切り捨てるのは
現代人のおごりです。
論理や理屈でわかる部分なんて
塵ほどもないのに
そちらの方が優れているなんて言うのは
ここ最近の私達だけなんです。
塀の中の私達だけです。

わけのわからないものは
わからないものとして
そのまま扱う
理由なんて考えないで考える。
そうしないとどうにもならないものだらけで
世界はできているんです。

どんなに科学が進んでも
地震は予知できないですし
天気予報は外れます。
木から落ちる葉っぱの動きすら
最高の科学でも予想できません。

理由や理屈がなくても
やらなきゃならないことがあります。
そちらのほうが多いんです。
何だか
よくわかりませんが…
眠くなりましたので
寝ます(笑)

風邪がわかりにくいです [雑感]

また一週間頑張っていきます。
冬になって
鼻水やら咳やら
時々出ますが

まあ
電車の中などでは
結構皆さん風邪をひいてますし
私は今のところ元気です。

年をとってきて
風邪がはっきりとしなくなってきました。
以前は
喉が痛み、鼻水が止まらなくなり
熱がガ~っと出て
風邪だ
休まなきゃ
ということで寝てますと
熱が下がって
すっきりと風邪が治るのですが

何だか最近
風邪が年とともに
はっきりしない、ネチネチしたようなものに
変わってきたような気がします。
正確には変わったのは私の体の反応かもしれない
ですが(笑)

はっきり熱でも出てくれればいいのですが
熱が出にくくなったのか
あれれ
体調が悪いなあ、つらいなあと思っても
熱が出なかったり
風邪のすごく弱い症状が一か月くらい続いたり
もう
何だかはっきりしろよ!!!

言ってやりたいんです(笑)

そうでないと自分が風邪かどうかわかりません。
今日現在
元気です、多分、今のところは(笑)

図を書くのが苦手です [雑感]

何だか最近
こんな話ばかり書いていますが
パソコンの調子が優れません。
調子がいい時と悪い時があります。
今は調子がいいので普通にかけていますが

受験でも
仕事でも調子がいい時、悪い時がありますよね。
私は
図を書くのが苦手なので
自分で勉強してきた時は
ほぼ図は書かないで
頭の中で描いて解いていたのですが
この仕事を始めてから
生徒に説明するために
図やらグラフやら
大量に書くようになりました。
始めた頃よりは
かなりうまく書けるようになりましたが
未だに苦手&嫌いなことに変わりはありません。

頭の中には
明確に図が描けているのですが
それを表現する技術的な問題があるんです。
あまりの自分の下手な図に失望します。
だから書きたくないのですが…
まあ
図を書かないと伝わりませんから
それはもう
必死に練習をしてきました。

生徒から苦情がくることは
ないのですが
私の中では
いつも自分の図を見て嫌気がさすんです。

でも、練習あるのみですよね!
何とかうまい図がかけるようになりたいです!

淡々と [雑感]

もう11月も終わりですね…
受験が近づいてきました。
そろそろ受験生の皆さんも
生活のリズムを整えたほうがいいです。
やはり
受験はマラソンですから
安定したペースで安定した勉強を
日々やっていくことが大切です。

受験はストレスが大きいですから
そのストレスに勝つためにも
しっかり体調管理をしなければならないですし
そのためには
生活のリズムを保つことが必要だと思います。

これから
ガンガン追い込みだ~

思っても
勉強を一気にやりすぎても
良くないんです。
自分の気持ちを一定に保って
淡々とやるのが
一番力がつくと思います。


同じ仲間になりたいです。 [雑感]

今日は
この冬でも最強クラスの寒さだと
テレビで言っていましたが…

あれ、あれれ
私はそんなに寒くないです…
やはり
最近、というか
ここ二年くらい
太ったせいか
冬が全然寒くないんです。

一応…
生徒のお宅やあいさつでは
寒いようなことで
話を合わせていますが
実はそんなに寒くはなく
コートも雰囲気的に着ていってるだけで
実はいりません(笑)
結構汗だくになります。

何だか季節の変わり目の方が
ずっと寒かったような気がします。
きっと私だけだと思いますが
最近の冬は暖冬です(笑)
う~ん
まあ
寒くないに越したことはないんですが
色々不自由ですよね。

特に生徒と授業をしていて
女性は寒がりの方が多いので
暖房等つけた部屋で授業をしていますが
その室内はもう
私にとっては熱帯雨林気候なんです!
ネクタイは外して、袖はまくり
扇子で風を送りながら授業をしています(笑)

まあ…
でもきっともう少し冬になれば
私も皆さんのお仲間に
つまり寒い一族に入れると思います。
仲間に入れて欲しいです。

パソコンが絶不調です [雑感]

最近iPADちゃんに浮気をしている
せいでしょうか…(笑)
何だかパソコンの具合が悪く
起動に30分くらかかります( ;∀;)

そこからブログを書くとなると
時間がかかりすぎます。
早く良くなってくれるといいのですが…

インフルエンザの予防接種 [雑感]

そろそろ
インフルエンザの予防接種の予約を取らないと
いけないです。
…と言いましても
授業がかなり入っていて
空いているのは日曜日だけなのですが…

まあ
何とか考えないといけないです。

インフルエンザのワクチンのB型への対応が
昨年から網羅されましたね…
まあ
たいてい罹るのはA型で
A型は144種類あって、予防接種でワクチンに
入っているのは2種類なので
上手く当たっていればいいですが…
厚生労働省等の予想を信じるしかないですよね。

私の仕事の場合
強制的に予防接種はしないと駄目なんです。
色々理由がありますが
世の中には様々な価値観の人がいて
その最大公約数に合わせないといけないからです。
予防接種を受けなくてもいい人と
受けるべきだという人がいた場合
私は受ける方で合わせないといけないんです。当然。
これはどんなことでも基本的にはそうなります。
これもプロ家庭教師のお仕事なんです(笑)

それにしても
話は変わりますが
昨日の自身は結構長く揺れましたね。
私はちょうど昨日ブログに載るはずだった
記事をパソコンで書いていたんです。
何だが
長くてのめ~っとした気持ち悪い揺れでした。
最初は自分のめまいかと思いましたが(笑)

何だか
もう最近は頭の中は受験だらけです。
書く記事もどうしても
受験の話になってしまいます。
本当は色々科学ネタとかも
書きたい内容があるのですが
それはまた春に書きたいと思います。

それでは
もうすぐ四時なので
一時間寝て
仕事にいきます。
それではまた[手(パー)]

あれれ!! [雑感]

おかしいです。
最近
ぶろぐの記事がちゃんとアップされてないです。

いろいろ
設定など確認してみたのですが。

テストで書いたら
それがちゃんと載ったので安心していましたが…

まあ
もう手立てはないので
とりあえず
今のまま
遅れたら遅れたで
その時点でアップするしかないみたいです。

受験が忙しくて
あまりブログに割いている時間もありませんし…
コツコツやっていきます。

最近体調がいいです。 [雑感]

最近
めまいがあった以外は体調は頗る
いいです。
咳もないですし、風邪をひく気配すらありません。

ただ…油断は禁物です。
私はかなりの虚弱体質ですので
すぐに風邪をひくんです。
最近は本当にひきにくくなりましたが…

まあ
とにかくこのまま
受験が終わるまで風邪をひかずにいきたいです。
生徒が風邪を引き出すとピンチが始まりますが
そこは気合いで何とか!!!

今年の受験も頑張りたいです!

呪いでしょうか?? [雑感]

う~ん
やっぱり
無理でした。
せっかく長い記事を書いたのに…
もう
あの記事は
消します。
コピペもできないんです[がく~(落胆した顔)]
何かの呪いでしょうか(笑)

とりあえず
今日は日曜日でしたが
結構寝ました。
でも
この寝だめをすると
毎週月曜日頭痛がするんです。
毎回同じ生徒にロキソニンをもらって
飲んでいます。
寝すぎると良くないのでしょうか…
私には三時間以内でしか
寝てはいけないルールが作られているとか…
これは呪いでしょうか(笑)

そろそろ受験の話に戻します。
この時期になると生徒に演習をしてもらう時間が
長くなります。
そうなると色々なことに気が付きます。
やはり試験は時間内にいかに点数を取るかという勝負です。
勉強ができるか、できないか
というより
点数が取れるか取れないか
という勝負なんです。
そこで非常に大切なのはスピードです。
試験は焦ってやっては当然駄目です。
でもだからこそ、基本的なもともとのスピードというのが大事なんです。
元々のスピードがあると
焦らないで普通に試験をやって普通に終わります。
ところがいつもギリギリのスピードですと
試験でどうしても焦ってやらざるを得ないです。
考える時間が減り、どうしても不利になります。
スピードトレーニングというが非常に大切です。
中学入試というのは合格しようがしまいが
スピードトレーニングということでは
かなりの効果があります。
ですから、例えば東大に入りたいのであれば
中学入試の勉強をして、小学生のころから
スピードだけはつけておくことをお勧めします。
勿論、その後のトレーニングでも挽回は効きますが
どうしても小学生のころのような
単純作業をひたむきにできる純粋さというのは
無くなってしまい、習熟、熟達が難しいです。

長くなりましたので
この辺で終わりますが
とにかく受験においてものろいのは駄目です。

調整中 [雑感]

書いたブログの記事が
ブログに反映されません。
新しく書いたものは大丈夫みたいなのですが…
どうしたのでしょうか…

眠くなってきたましたの
明日もう一度見てみます。
とりあえずこの記事で

授業準備にめどが立ちました [家庭教師のお仕事]

今まで授業準備にたっぷり時間がかかっていましたが
大体おおまかに
受験までの準備は終わらせてしまいました[手(チョキ)]

ただ
これから授業をやっていくなかで
色々不足があったり
プリントを作ったりということは
あるので
完全に終わったわけではないんですが[たらーっ(汗)]

まあ
これから
今もそうですけど
一日に鬼のように沢山授業が入っています。
朝から晩まで
これを全部こなして
準備をして
となったら確実に倒れますので

この11月くらいからの
地獄の忙しい時期に
授業だけに専念できるように
実は毎年
早めに準備をしています。
そして
大方のものは終わらせてしまっているんです。
少なくとも
移動時間を使ってまで準備しなくていいように。

この作戦のおかげで何とか
仕事ができています[手(チョキ)]

ボージョレ・ヌーヴォー解禁 [雑感]

何だか
最近めまいばかりで
忘れていましたが
今年は
まだ乾燥による咳が出てません[手(チョキ)]
三年くらい前から
冬場、昨年は何と九月から
ずっと咳がとまらなくなる
おそらく乾燥による咳がでます。

大学病院で検査しても基本的になんともないですし
薬も色々飲みましたが、まあ効きません。
唯一見つけた咳止め方法は
飴を舐めるということです。
これは抜群に効果がありますが
飴を舐めすぎて嫌いになりました(笑)
今年はいつ始まるんですかねえ…
ボージョレヌーヴォー解禁
みたいに
私の咳も解禁するのでしょうか…

やめてほしいです。
出来ればこのまま
今年は何も起きないでほしいです。

ああ
今週か来週にインフルエンザの予防接種に行ってきます。
昨年は
予防接種をしても見事にインフルエンザにかかり
結構な重症でしたが
懲りずに行きます。
懲りずに行くというか、やはり仕事の関係上
予防接種はしないとまずいんです。
人によっては気にしますから。
この家庭教師、予防接種もしないで
インフルエンザになったらどうするんだ

気にされる受験生のご家庭もあるかと思います。
ですから
仮に殆どに家で気にしていなくても
一件でも気にする可能性がある家があれば
それに合わせます。
それにしても
最近の注射針は痛くなくなりましたね。
私の感覚が老化で鈍っただけかもしれませんが(笑)

それでは今日も元気に行ってきます[晴れ]

百薬の長 [家庭教師のお仕事]

なんだか昨日
めまいがひどくて苦しかったのですが
授業をしていたら
楽しくて
どんどん回復して
よくなりました!

不思議ですが
いつも
そんな感じです。
授業は百薬の長なのでしょうか(笑)

まあ
しばらくは
めまい発作がでる可能性が
高いと思いますので
あまりはしゃぎすぎないように
気をつけたいと思います。

もうすぐ
受験です。
生徒の顔を随分引き締まってきました。
生徒も
かなりのストレスと緊張を感じていると思います。
それを和らげる薬
百薬の長は
授業でしっかりと力をつけてあげることだと思います。

しっかりプロ家庭教師のお仕事を果たしたいです!!

メニエル発作 [雑感]

今日は夕方過ぎに
非常につよいめまいと耳鳴りに襲われました。
恒例のメニエル発作です。

その場に10分くらい座り込
みました。
その後もかなり辛かったですが
何とか仕事はやってきました。

今でもこの画面が揺れて揺れてしかたありません。

私はもう20年近く
メニエル病と付き合っています。
もう友達みたいなもので
メニエルちゃんと
呼びたいくらいです(笑)
ですから
かなりめまいには慣れています。
それでもつらいです。
疲れがたまるとなるんです。

メニエル発作を体験した方
わかると思いますが
ああ、このまま死ぬなあ

思うくらいのめまいです。

一度発作が起こると
まるで地震みたいに
何日か起こりやすい日が続きます。
最悪仕事を休まざるをえなくなります。
何とかこのまま落ち着いてほしいです。

文章がおかしかったらすみません。
いつものことですかね(笑)


来年度募集について [指導を希望される皆さまへ]

最近、ポツリポツリと
来年度からの指導のご依頼を受けるのですが…
現在
今年度はもう募集をしておりません!
また
この指導を希望される皆様へ
という過去記事を読んで頂ければわかりますが
来年度の予約等のシステムはありません。
過去に指導をしていたからと言って
メールで指導をお願いされても、それでお引き受けする
ことはできません。新規の方と同じ扱いになります。

大体受験が終わり始める
二月ころから募集を始めます。
国立大学の合格発表が三月のはじめ頃なので
フルに新しい生徒を募集することはできませんが…。

以前にも書きましたが再掲しておきますと
私が指導する優先順位は
①第一志望を落ちた生徒の継続
②指導している生徒の御兄弟
③それ以外
となっております。
ですから受験結果が判明するまでは
完全に募集しきれません。

新規の方につきましては
募集を開始するときは
その旨の記事を書きますので
その記事のコメント欄からご応募頂ければ幸いです。
例えば今の時期にコメント欄でご応募頂いても
一切対応は致しませんのでご理解いただければと思います。

今年度(つまり今年です)は結局
私の記録によりますと5月までで
27件のご応募がコメント欄からあり
新規でお引き受けした方は5名になります。
例年3,4人が新規募集の人数ですが
今年も受験生が5名おりますので
全員合格できれば5名募集になります。
人数は移動や希望される授業コマ数にもよりますので
何ともいえない部分もありますが。

とりあえず
受験が落ち着いたころに募集を始めますので
ご希望される方はその時期にご連絡頂ければと
思います。

仕事中毒 [雑感]

生徒のよく言われるのですが
私は仕事中毒
仕事依存症なのかもしれません。

勿論
自分で研究をしたり
テレビを見たりするのは
それはそれで楽しいですが
何よりも
一番仕事をしている時が
幸せです。
だから
ずっと働いていても
それほど疲労感がないのかもしれません。
何日かほぼ眠らなくても
元気に仕事にいけますし(笑)

でも
疲労感と疲労は違います。
疲労感はなくても
疲労は蓄積していて
ある時堰を切ったように
どっと溢れ出てくるんです。
過労死はそんな感じなのかも
しれません。
でも、それでは
仕事で死ねたらそれはそれでいいような
気がするんです。
こういう考えに至るともはや中毒だと思います。

こういう風に書くと
私の仕事は楽しくて楽しくて
毎日やめられない!

誤解される方もいますが
そんなことはありません。
そういう仕事はきっとすぐに飽きるんです。
私の仕事は大半が苦しいです。
なかなか思うようにいきません。
私が自分で直接問題を解けるわけでも
試験を受けるわけにもいかないからです。
もどがしいですし、つらい日々です。
でも
何とか考えて何とか考えて
無理そうなものを
合格に変えられた時
それはそれは大きな満足感と達成感を
得られるんです。
それでやめられなくなる
これも中毒の症状ですね(笑)

私はいつも
もう
つらい
こんな仕事はやりたくない
自分の力が直接反映する何かをやろう!
と思うのですが
受験結果がでて
何人かの生徒の夢が叶ったら
それはまるで自分のことのように
喜んで
また来年度の新規募集をしちゃうんです(笑)

これは病気ですよね。
医療機関を訪れたら(笑)


いってきます [雑感]

いってきます!
今日はあまり寝ていませんが
一日しっかりいい授業をしてきたいと
思います。
昨日は電車遅延が重なり
大変でした。

今日も寒いですかねえ

番狂わせ [雑感]

トランプ氏が大統領になりましたね。
下馬評は大きく狂いました。
不思議なものです。
隠れトランプ支持者みたいな人がいるんでしょうね。
まあ
ヒラリーでは何も変わらないと
思ったのか
諸々の犯罪行為が嫌なのか
嫌いなもの同士どっちがましか
みたいな話だったのでしょうか…
アメリカ人もそろそろ海外のことで
お金を使うよりも
自分の国を豊かにして欲しいとも
思ったのかもしれません。

EU離脱もそうですが
受験でも(かなり強引ですが[たらーっ(汗)]
そういう番狂わせというのが
日常茶飯事です。
ですから
今できているからと言って安心しては
いけませんし
今できていないからと言って
諦めては駄目なんです。
何が起こるかわかりません。

寒い [雑感]

寒いです。
最近、かなり。
そろそろコートを着ていかないと
駄目ですね。
でも…
そのコートがかなり痛んできてるんです。
ですから
買い換えないといけません。
でも
買いに行く時間がないくらい
忙しいです…

色々冬物コートの宣伝が来るたびに
買わなきゃなあ
と思うのですが。

まあ
いけるところまで
今あるコートちゃんに頑張ってもらうしかありません!

でも
再来週くらいまでには
どこかで時間をみて買いたいです。

プロ家庭教師の現実 [家庭教師のお仕事]

この仕事
特にプロ家庭教師をやったことが
ある方ならば
分かって頂けると思いますが…

まあ
そんな人は少ないですか(笑)

それならば
想像していただきたいのですが(笑)
この仕事は
尋常じゃないプレッシャーとストレスを感じます。

まず
プロ家庭教師は責任の所在がはっきりしています。
生徒が第一志望に落ちれば私の責任なんです。
予備校とか塾だとそんなことはないですよね。
私も教えていたからわかりますが。
数学を教えていたとしたら、集団授業ですし
受験は沢山教科がありますから
数学はできたけど、他の科目が出来なかったから
落ちたのかな、とか
色々言い訳はつくわけです。
責任の所在がはっきりしません。
豊洲移転問題みたいなものです(笑)
ところが
私以外私じゃないですし
私の責任なんです。
当然ベッキーの責任でもありません(笑)

そういう責任感なら
プロ野球選手とか個人競技の選手、芸能人等も
自分自身に責任がある場合が多いので
同じような感じがしますが
彼らは自分でプレイできますよね!
羨ましいです(笑)
私の場合、生徒を遠隔操作して合格させないといけないんです。
自分でプレイする、つまり自分で受験すれば
楽で楽で仕方がありません、精神的にも。
それを
生徒という人間、機械ならプログラムを与えれば
それを高い確率で実行してくれますが
生徒という人間では
全然思うようにいきません。
思うようにいかない中で色々考え考え進めていくわけです。
経験と勘が頼りの世界です。

それでも達成しやすい目標ならばいいです。
しかし
世の中でプロ家庭教師を頼もうなんていう人で
そもそも楽に第一志望に合格する
なんていう人はいないんです。
皆さん、何かしらの奇跡を期待されて頼まれるんです。
ですから
私が立ち向かう目標というのは
とてつもない高い山なんです。
第一志望は私の方から一切口をだしたことはなく
どこどこにいきた~~~い!!!
という
タクシー運転手でも叶えられない場所に
私は生徒を連れていかなければならないんです。
駆け込み寺的にプロ家庭教師はあるんです。
そりゃあ楽なわけはありません。
毎年毎年血を吐くのではないかというぎりぎりの戦いです。

なぜか、私がそれでもそれなりに実績を残しているから
なのでしょうか?
ふつうに優秀な生徒を集めてやっている、受かりそうなところを
受けている
と思われている方が
年度の最初の面談等でもいらっしゃいます。
自分で勉強して受かりそうな人はプロ家庭教師は頼みません。
普通。
そして勉強ができる人でも
今の実力よりも天空レベルの学校を目指される方が多いんです。
まあ、過去15年で二件くらいです。
もろもろの事情で第一志望が楽に受かりそうだなあと思ったのは。

私の今までの生徒
誰に聞いても構いませんが
私は私の意向で生徒のレベルに合わせて
第一志望を提案したことはありません。
それは
生徒がやる気になる、本人が行きたい学校が一番だからです。
行きたい学校、夢の学校
それが第一志望になるんです。

あと
私はブログをやっています。
ですから基本的によっぽど生徒や親御さんから反対を
受けない限り
生徒の志望校や結果はブログでさらされますし
生徒の親御さんも最近は大体ブログを読まれてますので
全てが白日の下にさらされるんです。

そんな中で
今年は第一志望合格率0%でした!
なんてことがあろうものならば
次の年は生徒は集まりません。
これが個人営業の怖いところです。
このプレッシャーもあります。

こんなことを考えていては
当然夜も眠れないわけです。
何時に寝ても五時に起きてしまいます(笑)
月曜日から土曜日までで
平均15時間くらいしか眠れないわけです。
気持が昂って。
まあ
日曜日に昼寝、昼寝、昼寝で
10時間くらい総合で眠れますが(笑)


第一志望合格率は大体76~78%くらいを
行ったり来たりしています。
これを何とか80%にしたいのですが
中々うまくいきません。

今年は皆さん難関校です。
中学受験 麻布
高校受験 筑駒
大学受験 東大医学部
     京大医学部
     東大
と五名です。
現時点でも、そして年明けでも
この子は受かりそうだなあ
なんて余裕は絶対にないです。
むしろ
毎年
いつも
全員落ちちゃったらどうしよう
何とかしなきゃ
何とかしなきゃ

受験を乗り切っているんです。

口笛でも吹きながら
スマートに
軽く実績を残して[るんるん]
なんていう楽な仕事ではないです。
私がどんなに頑張っても、頑張っても
その頑張りは直接反映しません。
生徒が頑張ってくれないとどうにもならないんです。
その頑張りに私も毎年かけているわけです。

今まで実績が残せたのは
本当にこの生徒の頑張り以外の何ものでもないんです。
私は直接何もできませんから。
そういう意味では優秀な生徒に恵まれてきました。

プロ家庭教師は
汗まみれで
ドロドロのブラックな仕事なんです。

麻雀にみる人生の不条理感 [雑感]

将棋や碁はあまり運の介在する要素がありません。
多分(笑)
私は詳しくルールを知りませんが。

麻雀は非常に運に左右されるゲームです。
五割くらいは諸々の運だと思います。

自分が最善の手を尽くしても
周りの人のせいで負けたり
周りの人のおかげで勝ったり
自分自身の力ではどうにもならないことがあります。
両隣の人の強さにも非常に影響を受けますし
無論配牌、自摸の善し悪しが勝負を分けます。
そして
ただただ不条理な結果に
耐え忍ばなければならないことが多いです。
これを幸運と捉えるか
不条理と捉えるか
考え方は人それぞれですが。

何だか
年を取ってきたせいか
なんでも人生に例えてみたくなってきました。
それが私のマイブームです(笑)

受験も割合は少ないですが
20%くらいは運と不条理があります。
人生の出来事においては少ない方です。
努力のしがいがあります。

何だか
疲れがたまっていて
へとへとです。
不条理に耐えるには体力が必要なので寝ます。
おやすみなさい


私の好きなことば [私の好きなことばたち]

Hemingwayの言葉です。

You can’t get away from yourself by moving from one place to another.

あちこち探し回っても自分自身から逃れることはできない

大学入学希望者学力評価テスト [受験勉強大学入試]

2020年度から始まる
センター試験に代わる試験
大学入学希望者学力評価テストについて
文部科学省の発表がありましたね。

ああ
事情を詳しく知らない方に
書いておきますと
2020年度受験からセンター試験がなくなり
まあ
無くなるというか
そのまま似たような試験で数学と国語だけに
記述問題が選択できるようになります。
受ける大学によって学力評価テストで記述が必要か否かが
決まるので、大学によっては選択問題のままの場合もあります。
今年度中学二年の生徒から始まります。

施行時期はセンター試験と同様で、
1月13日以降の最初の土日で実施するみたいです。
まだ決定ではないですが。
採点時間が長くかかるので
もしかしたらもう少し早くなるかもしれませんね。

なんでも変化がある時は
賛否両論あって
それで色々進んでいくものだと思います。
失敗だと思ったら戻ればいいですし。
ただ…この戻る勇気というのが中々難しいことなのですが。

私が心配しているのは
数学や国語の専門家でなくても採点しやすい内容の
記述問題にする
ということなのですが
そうなると記述が形骸化しませんかね?
選択式だけでなく、学生の発想?やら何やら
色々見るために記述が始まったみたいですが
誰でも採点できる記述問題というのは
書き抜き問題だったり、明らかに答えが
一つにきまるようなものになりますよね。
しかも採点は民間委託をするらしいです…

一応答案も画像データとして
大学側に送るみたいですが
大学側が一人一人チェックするなんていうことは
なさそうです。

私自身はセンターで記述なんて入れなくてもいいように
思いますが。
もっと質のいい択一式問題を作ればいいだけのような
気がしますが。


いってきます [雑感]

今日は朝早くから
いろいろプリント等の準備やら
コピーやらで
大忙しで
今、七時半ですが
間もなく家をでます。
行ってきます。

ああ
もう土曜日ですね。
一週間が早く感じます。

皆さんもよい一日を
お過ごしください[晴れ]

そろそろ朝型で [受験]

朝晩随分冷え込みます[ふらふら]
私は五時に起きますので
お日様もでていなくて
非常に寒いです。
お布団の中に15分はこもっています。
お日様がでてくると
冬は高度が低いので部屋の中まで
日が入ってきて
ぽかぽか→暑すぎる
という感じになるんですが。

受験生もそろそろ朝型に生活を切り替えたほうが
いいと思います。
やはり
実際に受験が始まる時間
しっかり目覚める習慣をつけておいたほうが
本番で普段のパフォーマンスができる可能性は高いです。

勿論
どうしても生活が直せない人は
そのままいくことになるのですが…
やはり私の今までの指導経験上
生活をしっかり直せる人の方が結果はいいです。

受験というのは
どんな時でも
嫌な勉強をしなければならないですし
自己管理能力と通ずる部分があります。
自分自身をしっかりと律することができる人は
当然勉強ができますし、合格する可能性は高くなります。

今日はお昼は暖かいらしいので
コートは着ないで行ってみようかと思います。

生徒の考え方を診る [家庭教師のお仕事]

家庭教師の仕事として
大切なのは
生徒の頭がどういう風に働くかを診ることです。
これは答案だけではわかりません。
答案は結論しかわかりませんし。

どういう過程で考えているのか
この辺でどういうことを考えたか
思考過程が私に直接
わからない場合は生徒に質問をしたり
どのように考えたか話を聞きます。

数学なら数学で
問題を解ける考え方というのがあります。
解ける人に共通した思考の働かせ方というのが
正確ですが。
その考え方を
生徒の頭の中に自然に、自発的にどう構成していくか
それが一番確実に力をつける方法であり
家庭教師のお仕事の根本的な部分です。
結局暗記
つまり知識の押しつけでは
限界があるんです。
その知識をなぜout putできなかったか
その問題を根本的に解決するには生徒の考え方を
診なければならないんです。

私も色々心理学の本を読むことがありますが
表層的に捉えると似ている部分もありますが
本質的に心理学とは違います。
個々人で違いすぎて類型化できません。
傾向というのは分類できるのですが
考え方は過去の経験に依存している部分が大きく
経験は類型化できないからです。

この方法について気が付いたのは
外国人の方を教えるようになってからです。
文化や諸々の違いと共に
大きく経験に依存した思考過程の違いというのを
感じたんです。
その経験によって
受験指導の本質というのは
生徒の思考方法を診て、うまくコントロールしていくと
いうことだと気が付いたんです。

まあ
こんなことを書くと
私の授業は心理テストでもやるのかと
お思いになる方もいるかもしれませんが
そんなことはありません。
見かけは、便利で解きやすいテクニック等を
教えています。
でもその過程において
私が情報を得るための布石をおいてあるんです。
それを授業を進めながら
いわば同時進行的に考え方も見ていくんです。

コートが… [雑感]

今日も受験モード、激務モードで
一日戦ってまいりますが
なんだか
随分寒いですね。
そろそろコートを着たほうがいいかもしれませんが…
今のコートは十年以上の付き合いで
結構ヨレヨレなので
そろそろ買わなきゃ
と思っていたのですが
買う前に寒さが来ました。
これからなかなか時間がないですし…
今年の冬は今のコートで過ごすしかないですかねえ。

激務モードにむけて髪の毛は切ったのですが…

それでは行ってきます[パンチ]

記述問題以外の大切さ [受験]

これは大学入試、特に難関大学の話を想定して書きますが
高校入試でも中学入試でも当てはまる話です。

記述が多い入試問題において
選択問題というのは絶対に落としてはいけません[むかっ(怒り)]

大体
記述問題というのは
どのような基準で
どのように採点されるかは
先生や学校によって
まちまちだからです。
私が見て、これで大丈夫なんかいな??
という解答や採点が模試等でよくあります。
特に東大模試に関してそう思いますが
でも東大で点数開示がされるようになり
実際に私の生徒が受けてきた感じで考えると
私の基準よりは東大の方が
ずいぶん甘く採点してくれています。
私の基準もそれによってどんどん下げて
東大にadjustしてきたので
今はそんなに狂わないですが[わーい(嬉しい顔)]
点数開示以前は色々なうわさがあって
もっと大学教授が採点するので、
厳しくやるのかなあ
と思っていましたが
そうでもないです。
いいのか悪いのかは別としまして…

まあ……
最初は本当に厳しかったのかもしれませんが
その基準でやると
大幅に皆さんの点数がなくなり
中くらいにできた人と全くできない人の
差がつかなくなるということで
甘めにしたのかもしれません。
東大英作文の減点法をやめたのも正解だと思います。
東大英作文が80字前後の自由英作文で
減点法をしていますと
全く解かない
というのが
最善の策となりうるからです。
大体80字も英語を限られた時間の試験で書けば
誰でもミス等はするものです。
そのたびに減点法でひかれてしまっては
やったのに点数がなくなります。
全く手を付けない人と同じ点数になるんです。
それなら自身がない人は、時間節約のために
一切手をつけない方がいいですよね(笑)
頑張ったけど駄目だった人と
まったくやらない人の差をつけるようにしないと
駄目です。
ですから今のシステムは非常にいいと私は思っています。
英作文の苦手な生徒には
手をつけないように勧めている私ですが(笑)(笑)

話がそれました。
実際に
毎年同じ人が作る訳でも
採点するわけでもないわけです。
そうなると
記述問題の点数というのは当然ブレがでます。
ですから
記述が多い学校ほど
記述よりもまずはそれ以外の選択問題や穴埋め
国語なら漢字などはperfectにできるようのすべきなんです。
一番あてにできる部分の上記の問題が出来がよければ
安定してその生徒の評価をできますが
そうでなくて
記述のあいまいな点数だのみで成績を保持している場合は
結構怖いです。
普段の模試などの採点では
できたけど本番では全くダメというケースもあります。

あてにならないものは
信用しない
という極めて当たり前の話が
受験では重要です。