So-net無料ブログ作成

ガラホ&iPadデビューです!!&さようならガラケーちゃん [雑感]

今日、docomoショップに行って
色々考えた末
つ、ついに
ガラホ&iPadデビューとなりました[手(チョキ)]

携帯電話は基本的にメールと電話しか使わず
ネットはiPadで見る作戦です。

機種変の時
あまりにも古い携帯で
SDカードを読み取れなかったり
色々トラブルがありました。
店員の方も化石のような携帯電話だと
笑っておりました。
この携帯電話は今まで様々なトラブルと奇々怪々な
事件があったんです。
その話を店員の方が
「ちょっとお伺いしてもいいですか?」
と何度も何度も色々聞いてくるものですから
溜まりに溜まった爆笑ネタを次々とお話しました。
かなりうけていました。
お葬式の思い出話みたいでした。

そして今度は店員の方が自分のお話を始め…
何だかんだで二時間くらいかかりました。
今日は授業間隔を長くとっていたので
授業にぎりぎり間に合いました…と言いますか…
滑り込みセーフです。
なんだか
話過ぎて授業より疲れました(笑)

最近はガラケーでもスマホと同じラインができたり
ネットが見られたりするんですね。
それをガラホというらしいです。
最初ガラケーにするつもりで行きましたら
いい色がなかった&ガラホだと無料になるのでガラホにしました。
そして
もう何度も来店するのは面倒だなあ
時間もないしなあ
話し込んでしまったしなあ
ということで
iPadも買ってしまいました[わーい(嬉しい顔)]

後はもろもろ
それに関する細かい手続きと
パスワードパスワードパスワード…
パスワード天国ですね
現代は。

私は20くらいパスワードを使っていますが
最近わからないのも出てきました(笑)
どうしましょう[あせあせ(飛び散る汗)]
何がわからなくなったのかも思い出せないのが問題です。
ま、まあ
…ということはそんなに使ってないんでしょう。
きっと。

ここまで…
新機種を買ってテンションが上がっていたのですが
ふと
振り返ると
私のガラケーちゃんとも長い付き合いでした。
最低8年は付き合ってます。
ブログより長いですから。
そうなるとやはり情が移る、と言いましょうか
結構切ない気持ちです[もうやだ~(悲しい顔)]

この8年間
苦しかったり、楽しかったり
暑かったり、寒かったり
色々な思い出とともに
プロ家庭教師生活を共に歩いてきました。
本当に助かりました。
もう電池パックの蓋はなくなり、
セロハンテープで止められ
ボディも色々落とした時に
様々な部分が欠けてしまっています。
色もはげ落ちて、電源がつくスピードは遅く
充電もすぐにきれます。
でも、精一杯頑張ってくれました。私のために。
今、横にガラケーちゃんを置きながら記事を書いていますが
私がブログに書いているのを見ながら、何だか誇らしげです。
何だか妙に寂しいです。
部屋にちゃんと飾っておきます。

ガラケーちゃん、お疲れ様
本当に今まで
私を支えてくれてありがとう。
そして、さようなら

受験 [受験]

受験というのは
本当に自分との戦いです。
つらいと思います。

受験で一番大切なことは
自分自身をコントロールできるか
ということに尽きます。

勿論
私は私なりに精一杯
生徒の努力が報われるよう
最短距離で合格できるよう
道しるべとしての努力はするわけです。
でもその道を歩くか
そして歩き続けられるかは
生徒の一瞬一瞬の選択の結果です。

自分をコントロールして戦うというのは
本当に大変です。
私も人生において
コントロールできていないことの方が多いです。

やはり、そのつらいことに耐えられるのは
合格への強い思い、志望校への強い思いがあるからだと
思います。

色々な人の思いが詰まった受験
今年ももうすぐ始まりますねえ

受験生以外の生徒 [雑感]

いつも受験生の話ばかり書いておりますが
受験生ではない生徒も半分はいます。
最近、その生徒たちの調子が皆さんいいです。
調子がいいというのも変な表現かもしれませんが(笑)
力がついてきていますし
何だか皆、やるべきことをしっかり
やってくれるようになってきました。
まあ
油断は禁物といいますか…
これを継続することが大変なのですが…
ですから
とりあえず現在はできている
という意味で
調子がいいと書いたんです。

何だか不思議なもので
皆同時に
やる気がアップしているような気がします。
ですから記事にしてみました。
何かあったのでしょうか(笑)
まあ偶然ですよね。

受験生以外の生徒にも
受験はきますので
その時に大変にならないような
最低限のベースというのは
まず作らないといけません。
そこから戦い始まっています。
どういう基礎力を身に着けたか
結果はずいぶん変わってくるんです。

皆頑張ってほしいです!!!


おやすみなさい [雑感]

明日も朝が早いのでもう寝ます。

今日は暑かったですね。
蒸し暑くてだらだら汗がでました。
未だにクールビズです(笑)

それにしても
もう10月になりますね。

あっという間です。
年が明けたらセンター試験に中学入試
次々に戦いが迫ってきます。

ああ
センター試験の願書は
そろそろ出さないといけないので
全国の浪人生や受験生の方
忘れずにだしてください!
私は今まで数度願書の出し忘れで悲しい思いをしました。
受けないと受かりません
当り前ですが(笑)

受験は真剣に戦ってほしいです。
色々な思いがあるとは思います。
でも真剣に戦えば必ず得るものがあります。
人生の財産です。
きっとその頑張りは
将来の自分を支えてくれると思います。

私も負けずにしっかり自分の仕事をしたいです。
私を信頼してくださっている方々の期待を
裏切りたくないです。
先生は頑張ってくれたので有難いとか
そういう慰めの言葉は欲しくないです。
プロなので結果が全てです。
結果をだせないとどうしようもないです。
プロセスやその他色々ありますが
それは結果が伴ってこと
初めて意味をなすのが私の仕事なんです。

第一志望合格率は今まで合計78%強です。
100%にはもう数学的にできませんが
なるべく上げていきたいです。

また明日いい授業がしたいです。
おやすみなさい

私の好きなことば [私の好きなことばたち]

今日はアインシュタインの言葉です。
理論物理学者なら、気持ちはよくわかります(笑)
勉強って中毒性があります。

The more I learn, the more I realize I don't know.
学べば学ぶほど自分が無知であることを思い知る。
The more I realize I don't know, the more I want to learn.
無知であることを知れば知るほど学びたくなる。

やることを書き出してみました [雑感]

今日は日曜日でおやすみです。
…が、しかし
やることがたくさんありすぎて
五時起きで奮闘中です。

…試しに
今日最低限やるべきことを
メモに書きだしてみました…

[がく~(落胆した顔)][がく~(落胆した顔)][がく~(落胆した顔)]

うわ~~
これは三日くらいかかる量なのではないでしょうか…
どう考えても終わりそうな気がしません。
絶対に私の一日の方が早く終わります。

で、でも
とにかくやらなければいけないことは確かなので
優先順位、つまり必要不可欠な順、締め切りが迫っている順に
やっていくことにしています。

助かるのは体調は絶好調だということです[手(チョキ)]
これで体調が悪かったり、疲れていて眠かったりしたら
仕事は進みません。

今、休憩代わりに
ブログを書いていますが
もうそろそろ仕事に戻ります。

投げ出しそうな時
もう辞めたい時
そんな時は生徒の頑張っている姿を想像します。
私の努力は生徒の力になるんです。
そのmotivationは非常に大きく
たいていの疲れは乗り越えられます。

生徒の人生をimproveしたいです。
頑張ります!

いってきます [雑感]

今日は土曜日ですね。
一週間働いてきましたので
流石にヘトヘトです。
でも
あと一日働けば休みだと思えるので
土曜日は好きです。

それにしても
本当に月日が経つのは早いです。
もうすぐ受験です。
しっかり仕上げて生徒を送り出したいです。

それではいってきます!

雨が多いです [雑感]

もう九月も終わりですね…
最近、随分涼しくなってきました。
まあ
私は人より太っていますので
まだ若干暑いですが(笑)
それでも
このくらいハッキリ季節が変わってくれると
私にもわかります。

それにしても
最近、雨が多いですね…
今日は9月23日ですが
先ほど気象庁のホームページで調べたら
今月は晴れた日が
な、なんと!二日しかありません[がく~(落胆した顔)]
どうも最近
イギリス感が自分の中で出てきたと
思ってましたら…

雨もたまにはいいですが
これだけ続くとうんざりです。

でも
今年はまだ咳がでていないというのは
この湿度のおかげかもしれません。
体調はすこぶる順調で
生徒の風邪もみな治りました。
奇跡的に移りませんでした[手(チョキ)]
かなり危ない時もありましたが
葛根湯を飲み続けていたら
風邪の一線を越えずに無事帰還です。

受験まで風邪をひかずに頑張りたいです!

ガーン、記事が消えました [雑感]

ガガーン
記事を書いている途中で全部消えました[もうやだ~(悲しい顔)]
もう
時間がありません。
そろそろ行く準備をしないと

今日はテスト演習と平常授業です。
受験の足音がはっきり聞こえてきました。

これからどんどん力がつく時期ですので
気合いをいれて授業をしてきたいです!!

駄目ですね、世の中の流れ故 [雑感]

う~ん
そろそろ
私も携帯電話の機種変をしなければいけなく
なりそうです。
強制的に。
…といいますのも
今、世界的に「SSLサーバ証明書」を
「SHA-1」から 「SHA-2」方式に移行しています。
これはSHA-1の暗号化に脆弱性があることが判明したからですが。
これに伴って古いガラケーの私は
更に利用制限を受けることになるんです[がく~(落胆した顔)]
ですから
現在じわじわじわじわと真綿で首を絞められるように
利用できるサービスが制限されてきているわけです。

もういい加減
買い換えろ!!!という
お上からの命令です。

もう
買い替え時ですね、はい。
でも
結構手続きが面倒なんですよね…
私の場合。
家族の絡みもあって。

それに
悩んでいることは
これを機にスマホに替えるのか?
それとも
ガラケーのままにして
ipadを持ち歩くようにするのか?
どうしようか
どちらの方が私のライフスタイルに合っているか
う~んと悩んでます。

まあ
とにかく
そう遠くない未来に
替えないと駄目なことは確かです。

とりあえずその前に
無線LANを買ってこないと駄目ですね。
う~ん

何だか毎日仕事が忙しすぎて
休みの日に色々買い物にいく元気が今はないです。
でも…
そろそろ
本格的に考えないと駄目ですね。

おやすみなさい [雑感]

もう三時なので寝ます。
う~ん…
台風は大丈夫でしょうか…
うまくいくと夜中に通り過ぎるので
そうなると嬉しいですが
今日の夜の帰りが心配です…

何だか生徒が結構な風邪をひいているのが
心配なのと
台風が心配で
心が落ち着かないですが
まあ
考えても仕方のないことで
私は私でその都度ベストを尽くすだけです。
おやすみなさい

今日はきっと空いてます [雑感]

今日は祝日です。
しかも雨が降っていますし
連休の最終日ですから
観光客も少ないでしょうし
電車は空いているのではないかと
期待しています[手(チョキ)]

とにかく私は人混みが大の苦手なんです。
それで学校を休むくらい昔は重症でしたが
今も慣れたとは言えません。
変な汗が出てきますし、色々それ以外に実害を
受けます。時計は破壊されましたし、足はケガをしました。
時々気持ち悪くなり、途中下車をします。
朝からラッシュに合うような授業はその分を考慮して
早めに家を出るようにしています。

あと
短い区間なら大丈夫なので
朝方の生徒は私の家から近くにするとか
そういう工夫も少しですがしています。
満員電車が無理だから
サラリーマンとか公務員にならなかったんです(笑)

家庭教師とかこの業界ならば
家を出るのはたいてい昼過ぎかな…と
まあ[たらーっ(汗)]
今や生徒が沢山いてほぼ朝から授業が入ってしまっていて
社長出勤のプランは何年も前から崩れているわけですが(笑)

でもまあ
徐々に増やしてきたので
体が少しは対応してこれていると思まいます。
これが、いきなり
毎朝ラッシュでしたら
私は仕事をやめているような気がします。

さて
そろそろ行く準備をしないと…
今日はきっと空いています[手(チョキ)]
台風が近づいてきているのが心配ですが[ふらふら]
九州から上陸するので
それほど関東に来た時には影響は少ないといいのですが…
あとは深夜にできれば抜けてほしいです。

台風さん
お願いいたします。

目標を立てることの難しさ [雑感]

目標というのは本当に立てるのが
難しいです。

本来
目標は立てない方がいいのだと思います。
でも
自分が頑張る目安みたいなものが
必要なので立てざるを得ません。
ジレンマです。

目標というのは
一つの壁になりやすいんです。

自分で勝手に作ってしまう壁です。
養老孟司先生が言われていたバカの壁と同義です。

目標は「ここまでやりたい!」というものを具現化したものですが
裏を返せば「ここまでやればOK」ということになってしまいます。

受験で言いますと
自分はここまでやれば十分だとか
関係ない勉強はしたくないとか
志望校という目標にでない問題はやりたくないとか
そういう残念な結果を生みがちになるんです。

世界は自分の既知のもので成り立っているわけはありません。
未知のものの中にこそ、可能性というのはあるんです。
目標を立てるという行為はいわば
既知の世界を構成するということなのです。

実際、皆さんも色々体験されていると思いますが
人生は自分の思っていなかった
意外なことから発展する、ということが多いです。
自分の知識や考えで
無駄だと思っていたことの中から
新しい発見、新しい可能性というの見つかるんです。
ですから
無駄は排除してはいけないんです。
受験に関係ないようなこと、でそうにないことを勉強するのも
人生という大きな枠組みで考えると大きなプラスなんです。

目標を立てると
その目標を達成するために
必要なことしかやりません。
それをずっと一生繰り返していると
創造性は失われます。
自分の考えの範囲内での自分にしかなれません。

ただ…
難しいのは
目標を立てないと
何をやっていいか、わからないです。
そして頑張りも効きません。
ですから
目標は必要なんです。

もう訳のわからない文章になっていますが(笑)
私も目標については
難しくて悩んでいるんです。
現在のところ
目標を立てて、それ以外のことも意識的に見るようにして
目標に向かって頑張る
という折衷案で生きていますが
これが腑に落ちているわけではありません。
もっといい考えはないかと
目標を持ちながら
考えているわけです(笑)

職業病的痛み [雑感]

何だか歩きすぎなのか
何なのか
慢性的に足が筋肉痛みたいに痛みます。
日曜日等で一日休むと治るのですが
その前日の土曜日
この日は痛みのピークです。

そういえば
昨日生徒が字を書きすぎて
右手が腱鞘炎気味だと言ってました。
私の生徒で
受験生で合格する人
勉強ができる人、やってきた人は
腱鞘炎になる人が多いです。
一日10時間以上毎日毎日勉強して書くわけです。
それは体のどこかに何か負荷がかかって当然です。
しかも、もう九月も半ばです。
私の仕事でいう木曜日、金曜日、土曜日くらい
疲労が蓄積してくるころです。
どこか痛くなって当然です。
ちゃんと勉強していれば…の話ですが(笑)

実は私も字の書きすぎで
これは曜日に関係なく
慢性的に指先のペンを持つ部分と手首は痛いです。
あまり力を入れすぎないようにとか
色々工夫をしていますが
結局
書く量の絶対値が勝り、手は痛むんです。

受験生もこれから
追い込みの時期です。
肉体的にも精神的にも自分を追い込み
きつい時期だとは思いますが
これを乗り越えることができれば
合格以上の人生の財産が得られると思います。

がんばれ!!受験生[パンチ]

おやすみなさい [雑感]

先ほど帰宅致しました。
首をひねってしまいました(笑)
何だかもう眠いので
早めに寝ます。
おやすみなさい。

秋ですねえ
北海道物産店に行きたいです(笑)

考えるということを文章で表現してみました [雑感]

私は結構色々と反省してしまうタイプです。
考えすぎだと
分かっていても
もうこれは病気みたいなものです(笑)

考えすぎて
何か結論
つまり、これからこうしよう!
みたいなことを
思いつけばいいですが
そうでないことの方が多いです。

迷路の中に入ってしまうことの方が多いんです[ふらふら]

そうして
考えて考えぬいた結果どうなるか…
疲れて寝ます(笑)
そこで考えるのが一旦終わります。
眠れなくなって
更に考える場合もありますが。

これは
別に
考えることを推奨しているわけでもなければ
考えすぎることについて悩んでいるわけでも
ありません。

ただそうしてしまう。
不思議だなあ
ということです。

特に結論がでそうにもない
何かいいことがあるわけでもない
徒労に終わることがほとんどである。
それでも
私は考えてしまうんです。

こんなに考える、考える
と書いていますと
パスカルの
「人間は考える葦である」
という言葉を想起せずにはいられません。
人は葦のようにか弱い生き物であるが
思考できることは偉大である
という意味でありますが
この「考える」というのは
どういう意味なのか?
これは結構難しい問題です。

…といいますのは
「考える」というのは
表出された結果により判断する、
判断せざるを得ないからです。

例えば
パスカルに言わせれば
犬は考えていないわけです。
それは犬が考えた何か
例えば、数学の定理や防災対策等(笑)が
発表されたことはないからです。
でも、もしかしたら
犬も考えているかもしれません。
この散歩コースはいいなあとか
人間は身勝手だなあとか
でも、それは結果として
人間側から見えないために
犬は考えているとは
言えないわけです。

もし仮に
人間に言語がなかったら
外部に何かを表出する術がなければ
人間は考えている
とは誰も思わない
思えないのではないでしょうか。

そうなると
パスカルは考えることは
偉大だと言っていましたが
私は
人間がそれを表現できる術を持った
「人間はおしゃべりな葦である」
といった方が、より
パスカルの言わんとしていることが
伝わるのではないかと思うんです。

私は色々なことについて反省して考えている
と冒頭に書きましたが
これは書くことによって始めて
皆さんに伝わる
私が考えていることがある種の客観性をもって
定まるのだと思います。
私に表現する術がなければ
私が考えていることが客観的に定まりません。
考えてはいないことになるんです。

そんなことを書くと
客観的に定まらなくても
考えているということは、考えているんだ
ということを言われる方もいると思いますが
そうなると
万物は考えている「かも」知れないわけです。
昆虫も、草木も、時計も
実際は考えているかも知れない
主観的には。人間には理解できないだけで。

こんなことを書きますと
そんなことはありっこない、なぜなら脳がないからだ
と言われる方がいるかと思いますが
そうなると
脳を持っていることが考えることの必要条件になり
「人間は脳のある生き物だ」
という至極当たり前の結論が生まれ
そこから考えるということが
どう生まれるのか
つまり脳のどの機能があれば考えるのか
考えると呼べるのかを定義しなければならなくなります。
そうしないと脳さえあれば考えているとことになるからです。

ここで大きな矛盾が生じるわけです。
私たちは考えることを定義しなければならない
そうしないとなぜ困るか
考えることを客観的に評価できないからです。
ある内容が確かに「考える」と呼べるかどうかは
何か客観的尺度があって初めて評価できるんです。
そうなると
先ほど書いた
主観的に考えているのだから考えている
それでいいんだということは成り立たなくなるんです。

ですから
「考える」ということは
それを表現できて初めて成り立つんです。
ただ、表現できただけでは駄目です。
犬は吠えることによって表現していますが
それを人間は理解できませんから
よもやそれが犬が考えた結果だとは思えないわけです。
それを踏まえて、もっと正確にいうと
「人間の理解できる方法」で表現できるから
考えられるんです。

電磁波で何かを表現する生き物がいます。
でも、人間はそれを理解できません。
ですから、仮にその生き物が「考えて」いても
人間には理解できない、人間からすれば
その生き物は考えていないことになるんです。

こうなると
いよいよ「考える」ということが
難しくなるんです。
最初に私は普段から色々考えていると書きました。
こう
書くことによって
私は確かに考えている、ということが
それを信じる人、つまり理解できる人
受信できる人(笑)の中で
確定するわけです。

人間が考える以上に偉大であることは
言語を持ったということです。
でも、それは意思疎通の一つの有効なツールを持ったにすぎず
他の動物や何かも
それぞれの意思疎通の方法を持っているわけです。

考えること
これは一種の関係性の中で成立する概念だと
「考える」方が私はいいと思います。

長くなるのでこの辺で終わりますが
私はこういうどうでもいいようなことを年がら年中
考えているわけです。

宇宙はどうやって始まったか
この世界は本当はどんな姿をしているか
数学という表現方法があるから
考えられますし、表出できるわけです。

で、
それでは言わなかったことはなかったことなのか?
次にそういう問題に取り組まなければならなくなります。
そして、それは存在するというのは
どういうことなのか?という思考に至ります。
私はこれらはすべて関係性の中に「ある」と思っていますが
皆さんはどう考えるでしょうか?
その「考え」に私は興味があります。

あらら
もうこんな時間です。
考えていると時間感覚がなくなります。
時間感覚?????
こうして更に考えることは増えるわけですが
それは表現しなければ誰もしらないことです。
ただただ
私は生きている、人間となるんです。
「人間は生物である」という
表現しない方がいいような結論に至ります(笑)


秋雨 [雑感]

昨日午前中の雨は凄かったです。
ゴゴゴゴゴゴっと
雨が傘にぶつかり
凄い迫力でした。

そのせいなのか、なんなのか
わかりませんが
朝、最初の授業の家に傘を忘れてきて
しまいました…

その後も雨が降りましたが
なぜだか、折り畳み傘がカバンに入っていて
ことなきを得ました[手(チョキ)]
何故入っていたかは不明です。
小人が入れておいてくれたのでしょうか(笑)

秋雨前線ちゃんのせいで
しばらく雨が続きますね。
何だか
気分が憂鬱ですが
考え方によっては
いいものですよね。
私は思春期の頃は
晴れる方が気持ちが沈んでました。
晴れが鬱陶しいんです。
病んでますよね(笑)
まあ、青春とはそういうものです。
私の生徒も
ひとそれぞれですが
何かしらの病にかかっていると思います。
その病と向き合い
闘うことによって
新しい自分が開けてくるのだと思います。

いつか
長い雨の日を懐かしく
振り返ることができるように
自分の道を歩いていってほしいです。

おやすみなさい [雑感]

何だか
最近私の生徒三、四名が風邪を
ひいています。
一人は治りかけていますが…
風邪が流行っているのでしょうか…

まあ
季節の変わり目ですからね…
私も
結構危なかったですし
これからも
風邪をひく可能性はありますが
なるべく移らないように
気をつけたいです。
気をつける、と言っても
まあ…まさか
遠く離れて授業をするわけにもいかないですし…

気合いで何とかするしかないです。
また
その気合いが発揮できるような体調を整えたいです。

どうせ五時前に起きてしまうので
今日は
早めに寝ます。

おやすみなさい[眠い(睡眠)]

土俵際での粘り [家庭教師のお仕事]

最近は昔に比べてずっと健康になりました。
風邪かなあ
という状態から
なかなか風邪にならず
すっと治ることが増えました。
以前は100%風邪になっていましたが…

風邪の土俵際で踏みとどまれるようになりました。

今回も土曜日の夕方くらいから喉の痛みがひどく
生徒も風邪をひいていましたし
これはもらってしまったか…と思いましたが
葛根湯を飲んでおりましたら
治りました。
今日は非常に元気です[手(チョキ)]

受験でも同じようなことはあります。

私はいつも生徒の解いているところを見ていますが
どんなにできる生徒でも
問題は試行錯誤しながら解くわけですが
できる生徒というのは
土俵際での粘りが違います。
分からなくなった時の粘りが違うんです。

勉強ができない状態の生徒というのは
問題に対して諦めが早いです。
これが初期段階。
そして私が諦めるな、諦めるなと言ってやらせると
その次の段階
諦めてないような感じで手を動かしていますが
その試行錯誤には目的がなく
ただ何となくやっている感じになります。

そして
力が付いてくると
分からない状態から、偶然ではなく
ぬけだせる回数が増えてきます。
こうなると随分力がついてきています。
そもそも
勉強を積み重ねていけば
わからない問題というは減っていきます。
しかし
ボーダーラインという土俵際の勝負で勝てるか勝てないか
本当に合否を分けるのは
この土俵際で粘れるか
という力なのです。
これはテストにおける実戦力と言ってもいいです。

受験というのは
知識をどれだけ身に着けたか?
で合否が決まるのではありません。
総合点でどれだけ点数をとれるか?
で合否が決まるのです。
上手い戦略を立てれば
見かけの偏差値よりも高い学校に合格できます。
その戦術的工夫のようなもの
それこそが
本当に社会に出てから役に立つ力だと私は思います。
そのモデルケースを受験を通して
生徒に示したいというのが
私の指導に含まれた隠し味なんです。

その戦略を生かすも殺すも
生徒の土俵際の粘りというのが
非常に大切になってくるんです。

受験と風邪の季節が近づいてきました [雑感]

今日は日曜日です。
久しぶりのお休みです。
でも沢山仕事の準備があります。
まあ
もうすぐ受験ですから
当り前といえば当たりまえです。

昨晩は疲労のめまいで
横になるとかなりめまいがして
眠れませんでした。
立っていると
大丈夫なのですが
横になっていると
めまいのひどさに耐えられないです。
立ったまま眠れるような技術を習得したいと思いました。

昨日は
ちょっとのどがおかしいかな…
という感じがしたので
三回葛根湯を飲み
そうして起きてみたら治ってました。
自然に治ったのか
薬が効いたのかは不明ですが。
とりあえず元気です[手(チョキ)]

これから
生徒が風邪をひく季節になります。
10か所くらい伺っていますと
誰かしら変わる変わる風邪をひいていたりします。
家庭教師の場合、自宅で授業をするため
生徒も無理がききやすく
結構な風邪でも授業を受けてくれます。
そうすると
その結構な風邪を私は二、三時間浴び続けるわけで
当然
風邪をもらいやすくなります。

でも
もうこれは仕方ないというか
気にしないようにしています。
内科のお医者さんとか
年がら年中
風邪ひきと接しているわけです。
それと同じように私も耐えていかないといけません。

まあ
マスクをするなり
なんなりし
出来る限りの防御策はしたいですが。

それでは
また仕事に戻ります[手(チョキ)]

今日も一日頑張ります [雑感]

今日は土曜日ですね。
疲れでわかります。
でも
これから
毎日受験まで
休まず、しっかりいい授業をしていかなければ
いけません。

結果がでた時に
後悔だけはしたくないです。
ああすればよかった
こうすればよかった
そういう言い訳は自分に対してしたくは
ありません。

どういうことで後悔するのか…
それは
今から想定できるはずです。
今までの経験もありますし。

私の生徒も一生懸命努力をして
くれているわけです。
それに応えないといけません。
生徒の人生を変えるのが
プロ家庭教師のお仕事なんです。
しっかりいい仕事をします。
そしてそれをできる準備を色々します。

満員電車は厳しいです [雑感]

今日は
朝のラッシュで大変な思いをしました。
混みすぎているのと
押されすぎたのと
座っている人が足を前にだしているのと

私の上半身と下半身は
全く違う場所にあり
自分の体の下には、誰かの足がありました。
そんな
状況で次々と更に乗客が乗り込んでくるものですから…
もう足を踏まれ、ひねり
一日足が痛くて移動等非常に大変でした[ふらふら]
今も
勿論痛いです。
な、なんとか明日になったら良くなっていてほしいです。

今日は台風の影響はなくてラッキーでしたが
足を怪我したのはアンラッキーでした。

まあ
こんなこともありますよね。
美味しい食べ物でも食べて[わーい(嬉しい顔)]
心身ともに回復して
また
明日から頑張りたいと思います[パンチ]

またまた台風 [雑感]

またまた台風がやってきます。
でも
もう過去二回振り替えましたし
前回は空振りましたし
今回は台風と言っても
ほぼ熱帯低気圧レベル。
温帯低気圧に変わりそうですし
これは強行突破です!!!

とにかく
なんでもいいので
電車が予定通り動いてほしいです。
そうすれば
私の移動は雨にぬれようが何しようが
大丈夫なんです。

朝から授業ですが
とにかく電車だけ動いていてくれれば…

気まぐれ電波時計の悲劇 [雑感]

昨日、大変なことがありました。
痛恨のミステイクです。
普段
大体私は授業をプラスマイナス二、三分で
キリのいいところで終わるのですが
昨日
ある授業で
な、なんと
13分も前に終わってしまいました。
しかも、気付いたのは駅で電車に乗ってからです[もうやだ~(悲しい顔)]
携帯電話の時計で気が付きました。

なぜこんなことが起きるのか??
それは私の腕時計の謎にあります。
私の腕時計は電波時計で
手動で調整できないものなのですが
その電波がどこかおかしな電波を受信しているのか
15分進んだり(たいていがこのパターン)、
ピッタリ時間があったり
15分遅れたりするんです。
しかも何の前触れもなく!変わるんです。

だから
私は自分の腕時計はあまり信用してないんです。
それなら新しい時計を買えという話ですが(笑)
それは置いておいて
普段は
時間がわからなくなるので
授業始まりと共に
携帯電話でで空コールをしておくんです。
そうすると終わる時間がわからなくなっても
電話のコール時間から計算できますから[手(チョキ)]
私の授業の開始時刻は
電車移動が多数あるため
15分くらい前後することは頻繁にあります。
ですからわからなくならないように
最初にコールをして開始時刻をはっきりさせておくんです。

ところが…
最近電波時計の調子がよく
いつもの15分進み
ではなく時間がぴったりの日々が続いていたんです。
な~んだ
私の天邪鬼腕時計もついに改心したのか(笑)
と思いながら
その時計で時間をふつうに見るようにしていました。

そして事件が起きた
昨日
悲劇は起こったんです。
な、なんと
授業中に急に15分進みモードに
変わっていたんです。
それに気がつかずに…
13分早く終わってしまいました…

来週+15分で授業をするように致しましたが…
こんなミス駄目ですよね…
どうも私は授業に集中していると
時間感覚がおかしくなってしまうというのもあります。
三時間授業だと特にその傾向は強いです。
これからは気を付けます。


同業者の方々へ思うこと [家庭教師のお仕事]

私は志(こころざし)という言葉が好きです。
志は
こうしようと心に決めたこと、そして
思いやり、親切という意味もあります。
漢字としても武士の心みたいで格好イイですよね。

時々、次のようなことを
生徒に質問されることがあります。
先生はブログのコメントで
同業者の人に非難されていますが
(そ、そうなのでしょうか…[あせあせ(飛び散る汗)]
その人たちのことを
どう思うんですか?、と。

同業者…と言いましても
人によりますが…
別に非難されるから、嫌い
というようなことはありません。
私も自分の指導方法が全て正しいなどと
思ったこともありませんし
色々な誤りがあるのだと思います。
それに対するご指摘ご批判を頂けるのであれば
有難いくらいです。

私は別に同業者の方々を敵だとか何だとか
思ったことはありません。
むしろ
「志を同じくする仲間」だと思っているんです。
生徒が自分の夢や希望をかなえようと必死に努力する
それを何とか叶えたいと、必死に努力している
同業者の方は
同じ志を持つ仲間として尊敬しています。
そして私も負けてはいられないな[exclamation×2]
と勇気とやる気をもらえるんです。

私は
偏差値の高い学校に生徒を入れたから凄い
云々という
感情は一切抱きません。
合格、不合格は色々な要素で決まるものです。
私の生徒も、今まで東大理三に7名(ブログで指摘されるまで
人数を間違えていて、カウントされずにいた方
ごめんなさい。正直言って私は何人入れたとか
実績がどうとかに対する拘りもそんなにないんです。)
合格してきたわけですが…
それは私が何かやったからという訳でもなく
生徒自身の努力やその他のこと
全てが総合され、最終的に運が良かったから
合格したんだと思っています。
ですから、合格自体を
自分の手柄だと何だとか
そういうことは一切考えていませんので
実績云々も本当は気にしていません。

それよりも
その生徒一人一人の人生を思うわけです。
その生徒にとってベストの選択は何か
それが勉強でない場合もあります。
そう思う時は、そちらの道をどんどん薦めます。
勉強をやめて、芸能界に入った生徒もいますし
色々な生徒が過去にはいました。
私が生徒だったら、どう思うか
例えば医者になりたいのであれば
どうすればいいのか
勉強も部活もやりたい
それではどうすればいいのか
生徒の人生を自分の人生
生徒の志を自分の志だと思って
私は毎日授業をしています。

一人一人の志は違います。
そこに優劣はありません。
実績は評価の対象にはなりません。
私が拘っていることがあるとすれば
第一志望合格率だけです。
生徒皆に第一志望、好きな学校に行って
もらいたいからです。

毎年
第一志望に合格させて
皆で喜びを分かちあいたいです。
それが私がこの仕事を続ける
大きなモチベーションです。
そこに最大の喜びを感じなくなったら
引退しようと思っています。

同業者といいましても
本当に様々です。
私の嫌いなタイプの同業者も沢山います。
うわべだけ整えて、見せかけの授業をし
結局は利益追求主義、それは嫌いです。
生徒から高い授業料をとり、安い教師への給料を払い
その上前をはねるような同業者が少なからずいますが
それは良くないと思うんです。
利益を追求するのであれば
教育業界ではななく
他の業界に行ったほうがいいのではないかと、思います。

どうやったら
その生徒の人生のためになるか
その生徒の人生に何を遺してあげられるか
それを真剣に考え、悩み、迷い、苦しみ
日々闘い続けている同業者の方は
本当には素晴らしいと思いますし
私自身もそうありたいと思っています。









即興の忘却トレーニング [雑感]

なんでも
気持の切り替え
というのは
非常に大切ですね。

受験も総合点で
合否が決まるので
一科目のミスを
いつまでも悔やんでも仕方ないです。
それをひとまず一旦忘れて
気持を切り替えることが大切です。

そんな当たり前のこと
改めて書いても意味がないと言われれば
その通りなのですが
分かっていても
気持の切り替えというのは難しいものです。

実はかく言う
私もどちらかというと
気持の切り替えは苦手な方なんです[たらーっ(汗)]
結構、色々考えてしまうタイプだからです。
気持ちの切り替えが必要な時には
考えない、忘れるんだということを
何度も何度も心の中で言って
自己暗示をかけています。

物事は面白いもので
考えたほうがいい場合と
考えないほうがいい場合があります。

練りに練って完成された音楽も素晴らしいですが
即興によってその瞬間を切り取った
瞬間を紡いだ音楽というものが
それを凌駕する場合も
あるわけです。

でも、その即興をするためには
普段からの努力のストックが不可欠です。

忘却も同じです。
さっと忘れて切り替える、
この「忘れる」というのが
即興で出来ないと困ります。
何度も何度も自己暗示をかけている場合ではないですし
まだその段階の人はすっと忘れられない人なのだと思います。
これ、私のことですが(笑)
ほぼ無意識にすっと忘れられてこそ
即興忘却マスターです。

人生において
何かとてつもないbad newsを抱えることになっても
その場で平常心でことに当たらなければならない
そういう機会はおそらく全ての人に訪れます。
そして、その瞬間に
一旦即興で忘れて、
しっかりと今自分のなすべきことができるかどうかは
それまでの忘却トレーニング習熟度による訳です。

私は今週も休みがなく
日曜日も仕事でした。
二週間連続で働くのはつらいです。
でも
「この日曜日仕事だった」
という事実を
忘れてみましょう(笑)
そう、昨日は休んだ、よく休めたなあという
暗示をかけるんです。
まだ、私は即興で出来ないので暗示あるのみです。
つらい、つかれた、駄目そう
全てのnegative思考を忘却するんです、うん。

でも勿論
やりすぎは駄目ですよね。
何事もバランスが必要です。
即興忘却ばかりしていたら
人生の大切なことも忘れかねませんし
失敗に目を背けず反省して、次に活かす
という
「練った」versionも大切な時があるからです。

ブログの記事も即興が95%です。
本来は読み直して推敲して……
というのが大切なのでしょうが
これはあくまでも日記なので
即興でささっと書いています。
そうでないと続かないと思います。
考えすぎて、反省しすぎると前に進まないんです。

これは人生と同じだと思うんです。

台風の振り替え授業です [雑感]

今日は日曜日ですが
台風の振り替え授業に行ってきます。
授業は二コマ五時間だけですが
何となく
皆さんが休みの日曜日に授業に行くのは
疲れます。
まあ
これは一週間の疲れのせいかもしれませんが。

夏休みが終わって
これからが
本当の勝負です。
生徒も頑張ってくれているので
私も
精一杯頑張って
何とか
第一志望に合格できるようにしたいです!!!

それでは行ってきます[手(チョキ)]

足腰が痛いです [雑感]

最近
足腰の疲れが抜けません。
今日は湿布を貼って寝たいと思います。
歩くと
体の色々なところが痛みます。

土曜日が終われば
日曜日はお休みです
最後の一日
しっかりと頑張ってきたいと思います!

咳が心配です [雑感]

そういえば…
もうすぐ夏も終わりですね…

思い出したくもないですが
私はここ三年くらい
乾燥する時期になると咳が止まらなくなります。
二年前、三年前は冬から三月くらいまででしたが
昨年は九月から五月まで続きました…

病院に行って検査をしても何もなく
薬もかなり飲んでみましたが効きません。
結局
飴を舐めていると咳がでないことに気が付き
授業中ずっと飴を舐めるようにしました。

これも最初のうちは良かったのですが
特に昨年半年以上飴を舐めつづけ
飴が大嫌いになりました。
今年はどうなるやら…

今年の三月、四月くらいの授業で
飴に嫌気がさして
もう生徒や親御さんに咳について
説明してありますので
風邪でもないので咳き込んでもいいかあ
と思い
飴を舐めずに授業をしていると
大量に咳が出て
説明済みでも
「先生、風邪でもひかれましたか?」
と聞かれてしまいます。
ですから、また嫌々飴を舐めます。

やはり受験生にとって
風邪は大敵ですよね。
生徒も親御さんも当然気にしすぎるくらい
気にするわけです。
そんなお宅に咳をしている私が伺うわけです。
そうすると
かなり疑いの眼で見られてしまいます。
更に
電車等でも咳き込みますと
周りの人の冷たい視線を感じてしまいます。
ですから
結局
授業以外は常にマスクです。
風邪でもないですが…

こんな憂鬱な季節がもうすぐくると思うと
本当にブルーです。
多分乾燥が良くないんですよね。
湿度の高い国に移住するしかないですかね。
でも
湿度が高いと今度は汗が止まらなくなります(笑)

本当に困ったものです。
飴を舐めなくて、薬をのまないで
咳の出ない方法を見つけたいです!

夏期講習は無事終了です [家庭教師のお仕事]

台風で一部振り替えになってしまいましたが
今日でカレンダー上の夏期講習は終わりです。
随分生徒も力がついたと思います。
春に出会ったころとは別人です。
勿論、誰だかわかる程度にですが(笑)

でも結局これからも
同じような感じで忙しいんです…実は。
まず
九月はテストの季節です。
非受験生の生徒は色々とテストがあります。
その対策授業もしなければならないですし
受験生も
これから追い込みの時期です。

仕事量は夏休みの90%くらいに減りますが
それでも
実感として変わりはありません。
正直言って
生徒のお母さまから
今日で夏期講習終了ですね!というメールを
頂いて初めて気が付いたくらいですから。

とにかく
悔いのないように
納得のいく仕上げで生徒を本番に送り出したいです。
そうすれば結果はどうあれ後悔はしません!
…しない…はずです。
まあ
落ちたら落ちたで反省点は湧いてくるのですが…

今日
一ついいことがありました。
帰りの満員電車の中で
もう足が痛くて痛くて限界だ~~っと
思っていましたら
奇跡が起きたんです[ぴかぴか(新しい)]
AさんBさんCさんと座っていて
私はAさんの前に立っていましたら
Bさんが降りて
実はAさんとCさんが友達で
AさんがBさんの席に目にもとまらぬスピードで[もうやだ~(悲しい顔)]
スライドしたため
私が急に座れました[手(チョキ)]
まあ…実はスライドは後から気が付いたんですが…[たらーっ(汗)]
私は普通に席があいたと思ったんです(笑)
座れたのは二駅でしたが
嬉しかったです。